黒鳥は、白鳥と同じような姿形をしています。羽の色は黒色で、くちばしは赤色です。そこが白鳥(白い羽と黄色のくちばし)との大きな違いです。大きさはコハクチョウと同じくらいのサイズをしています。

黒鳥も白鳥も、カモ目カモ科ハクチョウ族で、同じ仲間ですが、黒鳥は、オーストラリアやタスマニア島、ニュージーランドなどに生涯います。黒鳥は渡り鳥ではありませんが、季節の変化や環境の変化で移動は行う標鳥です。

白鳥は、寒い冬の間だけシベリア等から越冬のために、飛来しますが、黒鳥は渡り鳥ではないため、日本の湖沼にいる黒鳥は動物園などから逃げた個体だろうと言われています。

尚、黒鳥の幼鳥は白系の羽で、くちばしの色は黒色です。これが成長とともに、黒色の羽と赤色のくちばしに変わっていきます。

但し、黒鳥の親鳥も羽を広げると、初列風切羽から二列風切羽の外側の羽は白色をしています。

面白い逸話として、昔のヨーロッパでは、スワン(ハクチョウ)は、黒色の羽をしたものなどは絶対にいないと信じられていました。そのため、「無駄な努力を表す時には、黒い白鳥(ブラックスワン)を探すようなものだ」ということわざまでありました。

1697年にオーストラリアでブラックスワンが発見された時には、当時の人々は非常に驚いたそうです。そして、この時の発見から、「物事を一変させること」や「自分を絶対視しないこと」の象徴として使われようになりました。

そして、ありえないと思われていたことが起きてしまった場合に、その影響は特別激しくなるという理論が「ブラックスワン理論」という名称で提唱されました。

黒鳥は、人懐こくて親しみやすい鳥ですが、それは子育てにも現れています。

一生同じ夫婦でつれそい、抱卵も夫婦で行います。そして雛(ひな)が飛べるくらいになると、家族でえさを探しに出かけます。

日本の湖沼にいる黒鳥は、白鳥の集団から離れたところに寂しそうに、ポツンといることが多いですが、家族思いの性格の黒鳥にとっては、本当に寂しいのかもしれません。

黒鳥には、特に優しく接したくなりました。