最近蟻によってパソコンや時計が壊されるという話を聞きました。パソコンが壊されるのは東南アジアで発生しているようですが、パソコンのキーボードの中に大量の蟻が入り込んで動かなくなるようです。

1985年頃の日本でも、蟻が原因で鉄道に使われている信号機の故障が多発し、列車の運行に大きな支障がでたということです。これは西日本を中心にして発生したものですが、線路脇に設置されている信号機を作動させる装置の中に、蟻が入り込み、リレーの接点の間に蟻が挟まれて信号が伝わらなくなったことが原因のようです。

古くは、公衆電話などでも度々蟻の被害で動かなくなったことがあるようです。

何故、蟻がこのような電子機器の中に入り込むのかは色々な理由があるようです。その理由の代表的なものは、リレー等の機械的作動部に植物性の油が使われている場合です。蟻は、油が大好きで、買ったばかりの時計が動かないのでメーカーに苦情を言って新品と交換させたのですが、その翌日には動かなくなってしまったそうです。結局、その原因は蟻起因と分かりましたが、時計の購入者やメーカーは、蟻に振り回されて大変な思いをしました。

又、公衆電話が世の中に溢れていた頃、特定の場所で、修理を繰り返しても直ぐに故障してしまうことがありました。これは酷くて、修理をしても一日もたなかったそうです。

但し、蟻は好物の油を食べにやってくるという理由だけで、被害をもたらすわけではありません。

電子機器は温度や湿度管理が厳正に守られていて蟻にとってはとても住みやすい環境です。人の住む家の中も外の環境とは違って、一年中適温です。

家の中や、電子機器の周辺を偵察(食べ物探し等)に来ていた蟻が、ここは良い所だと思ってしまうと、集団で引っ越してくることでしょう。

尚、1985年に開催された「つくば科学博」は、筑波研究学園都市の発足披露を兼ねて開催された国際科学博覧会です。ところが、周囲は原野や畑に囲まれていましたので、蟻対策を徹底的に施して被害を未然に防いだと言われています。

被害をもたらす蟻は、普段は森の中の枯葉や朽木の等に住んでいる蟻かもしれませんが、次第に住環境が無くなってきた現代では、蟻も快適な新たな住まいを探して、民家等にも入り込むことを模索しているのかもしれません。