「ハキリアリ」は南北アメリカ大陸や亜熱帯地域の森や草原のいたるところにいる蟻です。赤茶色をしていてちょっと大きめの蟻ですが、中南米にいくとジャングルだけでなく、町中や広場など、いたるところにいる蟻です。

この蟻は、幅10㎝ぐらいでひしめきあいながら大行列をします。この行列は、植物の葉や花びらを切り取って巣に運んでいるものと、巣から出て再び葉や花びらをとりに向かう蟻たちです。

採取した葉等は、大あごでくわえて背中にかついで運んでいますが、それらの中には小さな蟻が乗っていることもあります。この小さな蟻は、「ハキリアリ」の働き蟻を寄生バエから守っているのだそうです。

寄生バエは、蟻の行列を上から見ていて、隙があれば大きな「ハキリアリ」の首に卵を産み付けてしまいます。その卵から幼虫がかえると「ハキリアリ」の体内に入って中身を食い尽くしてしまいます。

この寄生バエから守っているのが、「ハキリアリ」が担いで運んでいる葉の上に乗っている小さな蟻です。

行列の道程は50〜100メートルぐらい続いて、やがて巣に着きます。巣の外には掘り出した土の山が2メートルも積みあがって山のようになっています。

巣(地下)には、何100万匹も蟻が住んでいますが、驚いたことに全て雌で構成されています。1匹の女王蟻と、その娘たちだそうです。

雄は、巣を飛び立って未婚の女王蟻と交尾するためだけに生まれてきます。そのために雄の蟻は、特定の季節に数少なく生まれてきますが、交尾が終れば死んでしまいますので、コロニーの住民は雌蟻だけになります。

蟻の巣(地下)はトンネルの迷路で繋がれた何千という部屋に分かれていますが、各々の部屋は、人の頭ぐらいの広さがあります。そして部屋の壁には特殊なキノコの仲間(菌類)が生えています。

部屋の壁は、蟻が運んできた植物片でできた糊のような物質で薄く覆われていて、この物質から菌類は養分を得て育ちます。この菌類は、地上にはえているキノコのような形になるのは稀で、普通は細い菌糸がもつれあったかたまりになります。

「ハキリアリ」は、樹液等も食べますが、普通は巣の中で栽培した菌類を食べて生活しています。まさに農業を営んでいるのです。

尚、「ハキリアリ」は、情報の伝達もめんどうな方法で行い、最も複雑な階級制度を持っています。大変興味深い「ハキリアリ」についてこれからも紹介していく予定です。