アリはアブラムシの排泄物をなめていることを知っているの?

アリとアブラムシの写真

蟻は、アブラムシのお尻からでる甘露(排泄物)を欲しいため、アブラムシの外敵となるテントウムシやカゲロウ等から、アブラムシを守っていることは有名です。

ところが、昆虫の専門家の方が書かれている本によると、それは全くの誤解で、蟻はアブラムシの尾端を他の蟻の頭と間違えているらしいのです。
はたらき蟻は、他の蟻の面倒をみます。そして、他の蟻とお互いに口移しで給餌し合うそうです。つまり、蟻は、アブラムシの尾尻からでる甘露を、他の蟻から口移しでもらっていると思っているというのです。

このことの真実は、蟻とアブラムシに聞いてみるしかわからないでしょうが、もし目の悪い蟻が勘違いしているのだとしたら、ちょっと蟻が可哀想になります。
但し、つぎのような厳しい現実もあるようです。

アブラムシとアリの良い関係は甘露の品質次第

蟻がアブラムシとの関係をどう考えているのかを知るのは無理ですが、甘露が美味しくなくなったら、両者の関係はどうなるのでしょうか。

アブラムシはアリの獲物

アブラムシの甘露の質は、窒素などの植物成分が悪いと低下してしまいます。その為、栄養分の少ない植物を食べているアブラムシの甘露は、美味しくなくなってしまいます。

甘露が美味しくないと、アブラムシは蟻に守ってもらえないどころか、逆に食べられることもあるそうです。蟻にとっては、美味しい甘露を出してくれないアブラムシは、餌の対象にしか見えなくなるのでしょう。

この例を見るだけでも、自然界で生きて行くのは本当に厳しいということが良く判ります。お互いに利を供給しあう関係にあっても、自然界では、その利益がなくなると、あっという間に食うか食われるかの立場の関係になってしまうようです。

このように蟻と共生する例は、他にもあります。シジミチョウの幼虫は、蜜線から糖と蜜を分泌して蟻に提供します。蟻は、それらをもらう代わりに外敵から、シジミチョウを守ります。
但し、シジミチョウの中には、一生の殆どを蟻の巣の中で過ごす種もいます。そしてこのような種では、巣の中で蟻の幼虫を食べてしまうものもいるそうです。とても共生とは言えない関係です。

まとめ

自然界の共生関係は、何か特別美しいものと考えていましたが、以上のような「アリとアブラムシの関係」をみて判るように、利害関係だけで成立している厳しい世界でした。そのため、ちょっとでもバランスが崩れると共生関係は消失してしまうようです。

アブラムシの排泄物をなめているアリは可哀想などと考えてしまうのは、人の基準で考えるからでしょう。

アリも、アブラムシももっと次元の違うところで、必死に生き残りをかけて、緊迫感の中で日々の生活を営んでいることが判りました。

昆虫は人に比べて短い寿命ですが、教えられることばかりです。