生物が進化の過程で形づくってきた形態や機能は、合理的で優れた工夫が集結しています。昆虫ミメティクスは、昆虫が持っている優れた機能や形をまねして、それを工学や医療分野などに応用することです。

前回は、シロアリ塚を模してつくられた空調設備を紹介しました。今回は、「ハニカム構造」と「高感度センサー」について紹介します。

 

《ハニカム構造の応用》

ハチの巣の幼虫が1匹ずつ入る構造は、正六角形をしています。これはハニカム構造と言われているもので、色々な所に使われています。

このハニカム構造は、隣同士の巣穴を隙間なく並べることができるため、スペースを最大に活用できる大変合理的な形状です。亀の甲羅や昆虫の複眼もこの構造をしています。

また、このハニカム構造は、合理的な形状をしているだけでなく、軽くて強度があるため、航空機の翼や各種建築材料にも使われています。段ボールが思っている以上に強固である理由も、この構造を採用して作られているからです。

尚、これ以外の機能も評価されており、実用化に向けて研究されています。

 

《赤外線センサー》

赤外線センサーは、赤外線の持つエネルギーが温度上昇を引き起こすため、センサー装置として使う場合は冷却装置が必要になります。

ところが、「ナガヒラタタマムシ」という甲虫は、数10kmも離れた山火事も感知してしまう、超高感度の赤外線センサーを身につけています。虫ですから冷却装置なんて持っていませんが、こんなことを実現しています。

それを可能にしたのは、物理的刺激に反応する機械センサー(メカノセンサー)ということが判ってきました。

「ナガヒラタタマムシ」の複眼の後ろ側には、液体で充満された球状の感覚細胞ありますが、これが赤外線の照射を受けると熱膨張して、力学的な刺激に変換されて神経に伝達されるような機構で作られています。

「ナガヒラタタマムシ」は山火事の跡地で繁殖する甲虫で、このような高感度のセンサーを持っていることから、遠く離れた場所の山火事を見つけることができるのです。

この甲虫のような機構で、安価で高感度の赤外センサーが研究されています。