スズメは何処に行っても身近にみられる鳥です。日本では、カラスととともに最も人の近くにいる鳥だと思います。最近では、人の手のひらにのって餌をついばむ、スズメもいるそうです。

ところが、私が子供の頃は、欧米では鳥が人の近くで餌をたべるのに、日本では近くに住んではいますが、人間を警戒して寄ってきませんでした。このことから、日本は欧米に比べて鳥獣保護の後進国と言われていました。

当時の日本では、スズメは稲を食い荒らしてしまう害鳥として扱われていました。当時は田畑も多く、スズメは集団というよりも大きくて黒い塊のようになって稲作している畑などにやってきました。農業を営んでいる人にとっては本当に脅威だったと思います。

スズメを追い払う仕掛け(鈴や、かかし等)も色々なものがありましたが、スズメの集団は、このようなものには全く無頓着で効果はあまりなかったように見えました。

これとは別に、猟銃や空気銃を使って狩りをすることも頻繁に行われている時代でした。猟銃は大きな音は出るし、民家の近くでも発砲していました。

民家の近くで猟銃を発砲するなんて、今では、とても考えられないようなことですが、近くに小学生がいても普通に行われていました。

そんな時代ですから、鳥たち、とくに人里にいるスズメにとっては、人間は恐ろしいものとして警戒していたと思います。もちろん、スズメ達も、人の近くにいれば他の危険な動物が近寄らないので、森林などに比べれば安全と考えていました。

このような関係が長く続いたことから、日本のスズメは人里近くには住んでいますが、人間への警戒心が強かったのだと思います。ところが、最近は公園などで人の手のひらから餌をもらう、とても人慣れしたスズメも出現してきたと知りました。

そのようなスズメが増え始めたのは2005年ぐらいからで、それ以降急激に増加したそうです。

このように人に慣れてきたスズメ達は、大部分が公園または、それに類したところで多くみられ、それに次ぐ場所はコーヒーショップなどだそうです。

2005年は団塊の世代が定年退職を迎え始めた時期にあたります。公園でくつろぐ余裕のある年配者が増えてきたことと関係がありそうです。

確かに公園などで、人の手から餌をついばむスズメをみると、微笑ましく、リラックスできます。

ところが、生物学者からは、あまりにも度が過ぎると野生の生き物たちに悪い影響がでるのではと心配している声も聞かれます。

野生の生き物に餌を与えるのは、好ましいことではないそうです。理由はつぎのようなものです。

(1)野生動物たちが人に依存しすぎると、一箇所に集まり過ぎてしまう。

(2)一箇所に集中すると感染症にかかりやすくなる。

(3)人との交わりが増えると、人間への影響(病気などの感染など)も心配される。

境界をどこに引くかは難しいですが、自然に影響してしまうような過度の対応は、慎む必要があると思います。