白鳥は渡り鳥ということは誰でも知っていると思います。しかし、白鳥でも、例えば九州地方などに訪れることがありますが、その場合は、「迷鳥」という呼び名で区分して扱われます。

そのような区分を判りやすく整理してみました。

まず、「渡り」とは鳥の季節的移動のことを言っています。そして、その渡りをする鳥を「渡り鳥」と言います。

この「渡り鳥」にも、暖かくなると海外から日本にやってきて、夏季に繁殖する「夏鳥」と、秋が深まると北方方面から日本に渡ってきて寒い冬をのりきる「冬鳥」に分けられます。当然、白鳥は「冬鳥」です。

そして、日本国内だけを移動していると思われる「標鳥(ひょうちょう)」もいます。「標鳥」には、日本の北部で繁殖して南方に移動するものと、山で繁殖して平地に移動するタイプに分かれます。

さらに、渡りの距離が長くて春と秋の渡りの時期に日本を通過するために立ち寄る「旅鳥」という区分もあります。

白鳥などが、本来は訪れないようなところ、例えば白鳥にとっては気候が温かすぎるような九州などで越冬をしている場合などは、何かの原因(台風や気候変動などの影響等)で迷い込んだと思われるため「迷鳥」と言われます。

もうひとつ、本来は「渡り鳥」ですが、特定の土地に居ついてしまい、移動をしなくなったもののことを「留鳥(りゅうちょう)」と呼んでいます。この「留鳥」には、一羽一羽は移動しても、同じ種類の鳥が一年中おなじ場所にいる場合も「留鳥」という区分になります。実際には同一の鳥なのか、同じ種類の鳥なのかの区別がつかないからだと思います。

《区分ごとの代表的な鳥》

①    夏鳥・・・ツバメ、カッコウ、オオルリ等

②    冬鳥・・・オオハクチョウ、コハクチョウ、マガン、ツグミ等

③    標鳥・・・ウグイス、モズ、等

④    旅鳥・・・アジサシ、ムナグロ、オオソリハシシギ等

⑤    迷鳥・・・コウノトリ、オオハクチョウ、コハクチョウ等

⑥    留鳥・・・カラス、キジ、トビ等