白鳥を代表とする渡り鳥の多くは、地球を南北に移動します。そしてその移動距離は、数千キロにもおよびます。このような、はるかかなたをどのようにして認識して移動できるのでしょうか。

鳥がどうやって渡りの経路を認識しているのかは、まだ解明されていません。しかし、多くの学者によって数々の学説がとなえられています。

それらのいくつかを紹介します。

(1)太陽説

クラマー(1950年)は6ヶ所に穴をあけた「かご」に渡り鳥を入れて実験したところ、渡りの時期になると特定の方向を向くことを確認しました。

マシウス(1951年)は、屋外でハトやカモを放すと晴天の日には特定の方向に飛び去ったが、太陽が見えない曇天の日には方向が定まりませんでした。このことは、クラマー説を実証したものであると、マシウスは主張しています。

(2)星空説

ザウエル(1955年)が最初に提唱したもので、星の位置で方角を確認して渡りをするという説です。

エムレン(1975年)は、プラネタリウムに鳥を入れて観察し、星座が渡りの方向を定めていることを確かめたと言われています。

鳥類は暗くなると目が見えなくなると言われていますが、それは間違いで見えにくくなるだけのようです。ちなみに、白鳥やカモなどは夜間にも長距離を移動できます。

(3)地磁気感応説

ミッデンドルフ(1855年)によって最初に唱えられた説で、渡りの経路が北シベリアのタイミール半島に、渡りの経路が集まっているため、渡り鳥は地磁気の影響を受けて北に移動するというような内容のものです。

20世紀半ばになって科学的な実験が行われていますが、磁場によって強弱のある磁力をどのようにして感じ取っているのか、また、そのような器官が鳥の体のどこにあるのか等の根本的な疑問は残ったままです。

それ以外にも「遺伝的方向説」、「地理的座標説」等もあります。

以上のような諸説がありますが、決定的な証拠がつかめていないのが現状です。しかし、太陽や星の位置、そして磁気が何らかの影響を渡り鳥に与えているのは実験などから確認されています。