アリの変な仕草にはどんな意味があるの?

アリを観察していると、道で仲間のアリに出くわすと、触覚で体に何度も触れ、キスをするようなしぐさをすることがあります。また、餌を幼虫に口移しで与える時には、何かを幼虫から貰っているようです。さらに、アリが腹を曲げている時には、相手のアリに攻撃をしているように感じることがあります。

これらの、アリの仕草にはどんな意味が合うのでしょうか。調べた結果を次に紹介します。

触覚でふれあってキスしているの?

道で出会ったアリは、触覚でお互いの体に何度も触れて、キスをするようなしぐさをすることがあります。これは、何をしているのでしょう。

結論から言うと、これは、同じ巣の仲間のアリかどうかを確認しているのだそうです。

アリは集団でコロニーを作って生活しています。コロニーで生活する虫には、独特なコロニー臭というものがあって、その匂いは仲間の認識に使われています。

働きアリは、自分の体や仲間の体の表面についているコロニー臭をなめて、一度喉の奥に溜め込みます。そしてそれらを混ぜ合わせて、再び仲間の体にぬります。

そのようにして自分の匂いを出会った相手にぬることもしています。そんなことをしながら、同じ巣の仲間を匂いで判別しているのだと言われています。

尚、この匂いは揮発性ではないため、触覚で触れたりなめたりしないと判らないのだそうです。

また、アリやハチ等の家族で暮らす虫は、仲間と餌を分け合います。これは「栄養交換」と呼ばれる行為で、これも口移しで行われます。

アリは口移しで栄養交換するの?

成虫のアリは、口移しで食べ物を幼虫のアリに与えますが、この時に、幼虫からも口移しで、何かをもらっているような行動をしています。
この行為は、アリの専門書によると、栄養交換をしているのだそうです。

餌を分ける時には、成虫のアリが子供に分け与えているだけと思いがちですが、実は、口移しをする時に、成虫のアリは、幼虫から唾液をもらっているそうです。そのため、「栄養交換」と呼んでいます。

この唾液には脂肪分を効率よく燃やすような、アミノ酸が含まれていて、スタミナを長続きさせる働きがあることが判っています。

向き合うアリに腹を曲げているアリは何しているの?

アリは、腹の先から無色の液体を放出します。この液体は、蟻酸で強烈なにおいを発散します。蟻酸は腐食性と浸透性があるため、相手の皮膚を損傷させ、毒を体内に入れる性質があります。

相手のアリに腹を曲げている時には、蟻酸をふきかけようとしているのです。アリは、同じ種類でも巣が違うと攻撃しあうそうです。

まとめ

以上紹介したように、ちょっと変わったアリの仕草には、特別な意味がありました。アリが触覚で触れあって、お互いを確かめ合うことや、腹を曲げている時に、相手のアリに攻撃を仕掛けるのは、何となく予想していましたが、成虫のアリが、幼虫からスタミナ成分をもらっているとは驚きました。

ミツバチが蜜を収集する時に、仲間のミツバチからスタミナ成分を貰うのと同じことをしていたようです。