鳥類の渡りは北を目指すものが多いのですが、それは何故でしょうか。多くの渡り鳥は、北に移動して、そこで繁殖します。

はっきりした真相は判っていませんが、地球の長い歴史をみると気温が冷えた寒冷期と温暖化が進んだ時期が周期的に起こっていることが判ります。

鳥類は、地球上の大きな環境の変化に伴い、餌場や生活に適した環境を求めて移動します。地球規模での環境の変化に応じて、南下や北上をすることが遺伝子に記憶されたことが、今日の渡り鳥の行動につながっているという推論があります。

羽を持っている鳥だからこそ、海を越えてこのようなことができたのです。

それにしても、わざわざ寒い北を目指して繁殖・子育てをしなくても良いのではと考えてしまいますが、実は北極圏の夏は日照時間が長くて気温も上昇します。そのために多くの植物がいっせいに開花します。

すると、想像できない程の多くの昆虫等の虫が発生します。小さな昆虫は、鳥類にとっては貴重な餌です。このような虫が豊富にいれば簡単に捕獲できますので、子育てには願ってもない環境です。

さらに、夏至のころは、北極圏には夜がありません。平坦な草原が広がっているツンドラ地帯では、天敵を直ぐに見つけることができます。その上に餌となる虫類が沢山いますので、子育てするには最も適した場所ということができます。

南極に行かない理由は簡単です。南極は大きな陸地ですが、常に厚い氷におおわれているために、北極圏にあるようなツンドラ地帯がありません。

そのため、海の中の生物は豊富ですが、多くの鳥類の繁殖には適していません。鳥類の仲間で頑張っている主な鳥はペンギンです。

尚、鳥類の渡りは、北を目指すものが多いのですが、必ずしも北極圏に行くわけではありません。その種に適した環境を目指して北上します。例えば、日本に飛来するツバメは、春頃からフィリピン付近から渡ってきます。アフリカや、南米付近から北上するツバメは、日本と同様な緯度付近まで北上します。