托卵とは?

普通の鳥の繁殖は、巣作りをして卵を産み、抱卵(ほうらん)して雛(ひな)を孵(かえ)します。さらに雛が飛び立つまでは、生きるために必要な教育をして終了です。

托卵(たくらん)は、それらの行為を全て他の種類の鳥に委託してしまうものです。委託と言っても、托卵をしてもらう親鳥の隙をみて、かってに巣に忍び込んで、そこにある卵を1個捨ててしまい、自分の卵を産んで逃げるのです。

しかも、親鳥に気づかれないように、これを数秒でやってしまうのですから驚きです。

托卵の研究が日本で進展した理由

托卵をする鳥はカッコウ科に属する鳥たちです。托卵の研究は、欧州で進んでいたのですが、欧州では「カッコウ」の1種類しかいないため、4種類(カッコウ、ツツドリ、ジュウイチ、ホトトギス)もいる日本の研究が進んだそうです。

托卵をする巣はどうやって決めるの?

托卵をするには、親鳥に判らないように卵の色が似ている種類に托卵します。例えば、ホトトギスの卵はチョコレート色ですが、これと同色のウグイスに托卵します。カッコウの場合は、卵の模様が似ているモズ・ホオジロ・オオヨシキリ等に托卵します。そして卵の色が淡青色のジュウイチは、同じような淡青色のコルリやオオルリの巣に托卵しています。

尚、ツツドリは、本州では白色の卵を産みますが、北海道では赤色を産んだ例も見つかっていて、まだまだ研究調査することは多いそうです。

しかし、驚いたことに、特定の地域では、近年「ホオジロ」がカッコウの托卵を拒否することも確認されていますこのため、カッコウは、まだ警戒心が少ない「オナガ」の巣を托卵に変更したことが判っています。

これは宿主の切り替えが短期間でも起こるという事例ですが、現在でも「ウグイス」の巣に托卵しているホトトギスは、およそ1300年前の万葉集にも、その関係が詠まれているという事例もあります。

まとめ

托卵は、一見酷い行為に見えますが、托卵をしなければ生きていけないカッコウ科の鳥たちも必死で生きる道を探していたようです。