今年も鳥インフルエンザが発生しています。頻繁にニュースなどで報道されていますが、鳥インフルエンザとはどんな病気なのかを調べてみました。

(1)鳥インフルエンザとは?

通常のインフルエンザはA型、B型、C型に分けられますが、鳥インフルエンザは、A型インフルエンザウィルスが鳥類に感染して発生したものです。そのため、鳥類に感染して発症する感染症で、人のインフルエンザウィルスとは別の感染症に位置付けられています。

(2)「高病原性」とは?

鳥インフルエンザのウィルスに、高病原性をいう用語が使われています。この高病原性とは、病原性の強さを表したもので「高病原性」「低病原性」に分類されています。飼育されているニワトリ、アヒル等に感染すると、強い病原性「高病原性」を引き起こして死亡することから世界的に養鶏業には大変な脅威となっています。

尚、野鳥は感染してもほとんど発病しないと言われていますが、日本では平成16年から断続的に鳥インフルエンザが発生していて、平成22-平成23年には15種で60羽の野鳥の感染が確認されています。また、国内の希少野生鳥類(ナベヅル、クマタカ、オオタカ等)の感染も確認されて懸念は広がっています。

(3)どのようなルートで養鶏場の鳥が感染するのか?

感染経路は明確にはなっていませんが、渡り鳥がウィルスを運んできたと考えられています。そして、鳥インフルエンザに感染した野鳥の排泄物が原因で、それによって汚染した餌や水を介して養鶏場のニワトリなどに感染したと推定されています。

(4)鳥インフルエンザが人に感染するのはどんな場合か?

現在、人への感染例が確認されている鳥インフルエンザウィルスの型は、H5N1亜型H7N7亜型H7N9亜型、H9N2亜型、H5N6型等です。この記号による分類は、インフルエンザウィルスの構造で決まっています。

ここで、H5N1亜型は、現在、人に感染するリスクは極めて低いと言われていますが、感染した鳥や、排泄物、死体、臓器などに接触することで稀に感染することがあります。幸いにして、人から人に感染した例は発生していません。又、鶏肉やたまごを食べて感染したこともありません。

但し、H7N7亜型ウィルスでは、人から人に感染したことが確認されています。致死率は低いですが、感染者が死亡したことがありました。(2003年、オランダの養鶏場)

H7N9亜型では、2013年に中国で人に感染した事例があります。

(5)人への感染を防ぐには?

鳥インフルエンザは加熱することで感染性はなくなると言われています。そのため、鶏肉やたまごは加熱調理することで感染防止になります。

(6)今後の懸念

水鳥などが保有する弱毒ウィルスがニワトリなどの、人に飼育されている鳥への感染が繰り返されてきたことで、強い毒性に変異(突然変異)することが確認されています。

このような突然変異は、今後、人から人に爆発的に感染するウィルスの出現の可能性も示唆しています。