セツブンソウは、2月から3月に小さくて可憐な白い花を咲かせます。

名前の由来は、早春に芽をだして、節分の時期に花を咲かせるからだと言われていますが、関東の山野では、3月頃に咲きます。

寒い時期に小さな背丈で健気に咲く花は、まさに妖精です。

しかも開花すると、あっという間に枯れてしまいます。また、来年まで待たなければならないと思うと、逢いたい気持ちは募ります。

そんなセツブンソウですから、今では、大幅に数を減らして、準絶滅危惧種に指定されています。
開発による環境破壊だけでなく、愛好家による乱獲も多かったのだと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

主な生息地

関東地方以西の石灰岩地域を好んで生息します。広島県庄原市、埼玉県小鹿野町、栃木県星野の里などが有名です。

中でも小鹿野町では、まるで雪が積もったかのように咲く光景が見られます。

セツブンソウの特徴と生態

セツブンソウの白い花びらに見えるものは、実は、葉っぱが変形した「愕片(がくへん)」というものです。

本当の花は、5枚の愕片の中央部にある黄色い「雄蕊(おしべ)」のように見えるものです。

本当の花は、先端部が2つに分かれた黄色い蜜線で、中央にある紫色の雄蕊を囲んでいます。

花が散った後は、葉が茂り、晩春には茎葉も枯れて、地下にある球根(径1.5㎝で先端のとがった球根)の状態で眠ります。そして、秋になると地下で芽を出し始めます。

地上に出てきて花を咲かせ、葉を茂らせているのは、3ヶ月程の短い期間です。

花言葉にある「人間嫌い」はそのことを端的に表現しています。

もちろん、セツブンソウの花言葉には、「人間嫌い」だけでなく、「気品、ほほえみ、光輝」などの花や姿を表したものがあります。

セツブンソウの概要

生息環境・・・落葉広葉樹の林床、岩の合間など
花期・・・2〜3月(多年生)
背丈・・・5〜15㎝
花サイズ(愕片)・・・直径2センチ
学名・・・Shibateranthis pinnatifida
分類・・・被子植物門、キンポウゲ(目・科)、セツブンソウ(属・種)
原産地・・・日本

セツブンソウの魅力

枯れた落ち葉の中や、巨石の隙間などから、小さな可憐な花が、肩を寄せ合うようにして咲く様子を観ると、今年も逢うことができて良かったと思わせてくれます。

しかも、まだ肌寒い時期に、健気にひっそりと咲いているのを見ると、それだけで心を持っていかれてしまいます。

セツブンソウの変異種

ごく稀に、白い愕片を10枚つけたものが出現します。これは、「キク咲き十弁種」と呼ばれていて、筆舌難い可愛らしさがあります。