ウツボカズラという植物は、痩せた土地で生育するために不足した栄養分を小さな昆虫などから摂っている食中植物です。

ボルネオ島のウツボカズラの一種「ペネンテス・ビカルカラタ」(以後、ビカルカラタと記載)は、虫を捕獲するための袋状の捕虫器を葉の先から伸ばしたツルの先に持っています。

捕虫器は、葉の先にあるため、空中のものや、地面に接するようなものまで様々で、大きさは10〜20㎝程です。いずれの捕虫器にも、葉が上部にあって、捕虫器を笠のように覆っていいます。

そして、捕虫器の上淵部は、内側に丸く入り込んでいる構造をしていて、襟(えり)と呼ばれています。

捕虫器を上から覗くと、中には水が入っていて、その底には、沢山の昆虫の死骸が沈んでいます。

ビカルカラタの捕虫器の中の水は消化液になっていて、捕虫器に落ちた昆虫は消化液で溶かされ、捕虫器の内側表面から養分を吸収されてしまうからです。

ところが、ビカルカラタの捕虫器の襟の内側には、アリが隠れていました。このアリは、ビカルカラタと共生するアリで、シュミッツィヒラヅオオアリ(以後、シュミッツィと記載)です。

このシュミッツィこそが、消化液の中で平泳ぎをする不思議なアリです。

消化液の中で平泳ぎをするシュミッツィというアリ

シュミッツィの働きアリは、体長6.5mmぐらいの大きさで、茶褐色をした普通のアリに見えますが、滑りやすいビカルカラタの上を俊敏に歩くことができます。

このシュミッツィの巣は、ビカルカラタの捕虫袋を支えているツルに穴(直径3mm)をあけて、その中に作られています。

シュミッツィは、ビカルカラタの襟の内側に潜んでいて、ビカルカラタの消化液の中に住んでいるボウフラ(蚊の幼虫)やミジンコを捕獲するのだそうです。

そもそも、消化液の中にボウフラやミジンコが住んでいるのも不思議ですが、恐らく、雨などによって消化液の濃度が薄められたためではないかと思われます。

玉川大学の坂本博士が消化液を日本に持ち帰って測定したところ、pH4.0程度の弱酸性でした。

シュミッツィによる獲物捕獲の方法

シュミッツィは、ビカルカラタの襟に潜んで消化液の中を確認しています。又は、捕虫器の内部を歩いて消化液の内部を見ています。そして、ボウフラなどが水中に見えると、消化液に飛び込んで泳ぎ回りながら獲物を探します。

シュミッツィは驚くほどの速さで泳いで獲物を捕まえます。獲物を捕獲すると、消化液内をゆっくりと移動して水面に向かいます。

シュミッツィは、まるで平泳ぎをしているような泳法で素早く泳ぎ回ることができるそうです。

こんなアリがいるとは本当に不思議です。私もできることならボルネオに行って観てみたいと思います。

シュミッツィとビカルカラタの共生の形

最初に共生と記載しましたが、ビカルカラタにとっては、ツルに穴をあけられてしまうし、消化液の中にいるボウフラ等を捕獲してしまうため、何のメリットもないように思われます。

ところが、シュミッツィがいるビカルカラタの株は、シュミッツィが住んでいない株に比べて生育が早いことが判りました。(ケンブリッジ大学の研究グループ発表論文)

ケンブリッジ大学の研究グループは、

シュミッツィにボウフラやハエなどの幼虫を捕獲させることで、ボウフラの幼虫たちが食べてしまう消化液内にいるプランクトンを捕獲されないようにしているのではないか?
また、シュミッツィの排泄物から植物に貴重な窒素を得ているのではないかと推定しています。

消化液内にいるプランクトンは、時が経てばビカルカラタの栄養源になりますが、ボウフラ等の幼虫は「ふ化」すると飛んで行ってしまうため、ビカルカラタの栄養にならないというのです。

シュミッツィが消化液中で泳げる理由

シュミッツィと同地域に住んでいる他のアリは、例え雨水で薄められたビカルカラタの消化液でも、落ちてしまうと、数10秒で死んでしまうそうです。

私は、研究者ではありませんので、その後の研究がどこまで進んでいるのか判りませんが、恐らく世界中の昆虫の研究者たちが興味をもって探求しているテーマだと思います。