数10年前に、1000年以上も前の蓮(はす)の種子が見つかり、古代蓮(こだいはす)として今年の夏もピンク色をした鮮やかな花をさかせていました(6月〜7月)。

ところが、古代蓮と呼ばれている蓮は、1つだけではありません。日本には、大賀蓮と行田古代蓮があります。

そもそも古代蓮というのは、蓮の種類のことではありません。日本の蓮の研究者(大賀一郎氏)が、中国大連市近郊で、1000年以上前の蓮の実を発掘して、その開花に成功した際に「古代蓮」と呼びました。これが、古代蓮と呼ばれた最初のことです。

尚、次に、紹介する日本で古代蓮と呼ばれている「大賀蓮」と「行田古代蓮」の発見経緯などを見ても、発掘された蓮の実からの正確な年代測定は無理のようです。

そのため、発掘された蓮の実の周辺にある地層や木などの放射線炭素年代測定結果から推定しています。

尚、私には、白やピンクの色をした現在の蓮の花も、古代蓮と言われる蓮(ピンク)の花も、それぞれが生き生きとしていて、まばゆいばかりです。神々しさまで感じてしまいます。

次に、日本で古代蓮と呼ばれている、「大賀蓮」と「行田古代蓮」の発見経緯などを紹介します。

大賀蓮の発見経緯など

この蓮は、第二次大戦中の燃料不足対応で、東京大学検見川厚生農場(千葉県千葉市花見川区)の一部を借りて、燃料になる草炭を採掘したことを発端にして見つかりました。

採掘は戦後も継続して行われていましたが、1947年7月に、丸木船と櫂(かい)が掘り出されたことから、さらに規模の拡大(大学の研究者や日本考古学研究所による共同調査)をして行われています。その結果、2隻の丸木舟と「蓮の果托(かたく)」などが見つかり、後に落合遺跡(縄文時代の船だまりと推測)と呼ばれるようになりました。

ここで、「蓮の花托(かたく)」とは、はなびらをつける付け根にある楕円形の部分のことです。蓮の花托の上部には、黄色の雄蕊(おしべ)があります。

蓮の権威者であった、植物学者の大賀一郎氏は、この遺跡跡の蓮の花托に興味をもち、1951年3月から一般市民・ボランティアなどの協力を得ながら、蓮の発掘調査を行っています。

この時の協力者(女子生徒)が地下6mの泥炭層から蓮の実を発見し、計3粒の蓮の実が発掘されたそうです。後に、大賀氏の自宅(東京都府中市)で育成され、翌年の1952年には3粒の内の1粒がピンクの大きな花を咲かせました。(このニュースは、驚きをもって世界中に報道されています)

蓮の年代の特定は、蓮の実が発掘された付近の丸木舟の木の破片などによる放射線炭素年代測定の結果、およそ2000年前(弥生時代)と推定されています。

この古代蓮のことを「大賀蓮」と呼んでいます。

大賀蓮は、千葉県指定の天然記念物ですが、現在では全国の愛好家や市民の憩いの場などで栽培されて広く愛されています。

行田古代蓮の発見経緯など

行田蓮は、偶然が幸いして古代の蓮が目覚めたものと考えられています。

埼玉県行田市では、1971年(昭和46年)に新しく焼却場施設を作ることになり、造成工事がはじめられました。その際に穴を掘った場所に水が溜まって池のようになってしまいました。

その地域は、およそ2000年前には、湿地帯で多くの水生植物が生育していました。当然、当時の蓮もあったと思われます。

その後、1973年(昭和48年)になると、工事で掘削された場所にできた池の水面に大きくて丸い葉が浮くようになり、その年の7月には、ピンクの蓮の花が咲きました。(この年には52本の花が咲いています)

翌年になってから、蓮の研究家と市の教育委員会の協力で蓮の実の採集を行い、年代測定調査を依頼しましたが、この時には、うまく測定できませんでした。

さらに翌年の1975年(昭和50年)に同研究者たちによって再チャレンジされ、日本アイソトープ協会の測定で、およそ1400年前のものと確認されました。

尚、考古学的見地(種子が存在した地層の年代など)からは、2500年〜3000年前のものとされていたため、研究者によって総合的に判断されて、行田蓮は1400年〜3000年前のものと推定されたそうです。

「行田古代蓮の里」は、行田市の天然記念物である行田蓮をシンボルとした公園ですが、世界中の様々な蓮(41種類、2万株程)が植えられています。

[補足]・・・ 今回掲載した写真の蓮(2点)は、いずれも行田古代蓮と思いますが、大賀蓮や他の蓮の可能性もあります。記憶が定かでなくて申し訳ありません。