ライチョウは、足指の先まで羽毛に覆われていて、寒い所に棲めるような耐寒仕様になっています。そして、氷や雪に覆われた真冬も高山帯で生活しています。

こんな凄い鳥は、日本ではライチョウ以外にはいません。

地球規模でみると、そんなライチョウの生息域は、北半球の寒帯(北極圏)にあります。アジアでは、カムチャツカ半島やバイカル湖周辺にまで分布域を広げていますが、せいぜい北緯46度付近までです。

日本にいるライチョウの生息地は北緯35度ぐらいですから、
日本は、ライチョウの棲む南限です。しかもかなり飛び地的なところに生息している特殊なライチョウということが判ります。

ライチョウの名前の由来

ライチョウは、古くから知られていて平安時代には「らいのとり」と呼ばれ、江戸時代になってから「らいちょう」と呼ばれるようになりました。「らい」というのは「霊」のことを指しているため「霊鳥」=「聖なる鳥」を意味していました。

人が簡単には足を踏み入る事のできない高山帯(聖域)に棲んでいるため、敬意をこめて呼ばれたのだと思います。

現在は漢字名で雷鳥と表記されますが、雷が鳴るような気候の時に活発に活動するため、雷の字が付けられたのでしょう。

ライチョウが日本にいるのは何故でしょうか?

現在では、ライチョウの多くは北極圏に棲んでいますが、地球の氷河期の時代(2万年前)に日本にやって来たものが、その後、地球が温かくなってきた時に本州の高山地域にとどまったライチョウが、現在に至っているものと推定されています。

ライチョウの飛翔能力は判っていないため正確なことは言えませんが、低空滑空はできても海を渡る程に飛べるとは思えませんので、ライチョウが氷河時代に、北極圏から日本の本州に来ることができた理由は、その当時の大陸と日本列島は陸続きだったためと考えられます。

ニホンライチョウを調べて思う事

ライチョウは、キジ目キジ科ライチョウ属で、日本のライチョウは固有種として亜種ニホンライチョウと定められていて、国指定の特別天然記念物ですが、それと同時に国内希少野生動植物種の対象にもなっています。

尚、ニホンライチョウは、富山県、長野県、岐阜県の県鳥に指定されていて市町村のシンボルなどにもなって保護され、親しまれていますが、地球温暖化などによって生息数の減少が危惧されています。

ニホンライチョウは、氷河期に日本に来ましたが、氷河期の終わりに、帰る道が無くなったために、日本に取り残されてしまったのだと思います。幸い日本アルプスなどの高山域で、少しだけ棲める環境があったため、生き残っているのです。

既に絶滅危惧種に指定されていますが、ニホンライチョウの生息域は危うい環境です。

理由は判りませんが、ニホンライチョウが置かれている周囲環境等を考えると、地球にいる人間のことを鏡に映し出しているようにさえ思えてしまいます。
頑張れ、ニホンライチョウと叫びたくなってしまいました。

スポンサーリンク