映画等に登場するグンタイアリの印象は、隊列を組んで放浪して、その行く手にいる生物たちを全て食い殺してばらばらにしてしまうというような大変凶暴なものです。

人間だって骨にされてしまうなどの言い伝えさえあります。もちろんこれは映画の世界の内容であり、実際のグンタイアリには、そんなに凶暴な種はいません。

南米には数10種のグンタイアリがいますが、その中で大部分を占める種は、ハチの巣や他種のアリなどしか襲いません。

そして残りの僅かな種は、様々な物を食べる広食性ですが、大抵はゴキブリやバッタの類がターゲットと言われています。

そのため、大型の脊椎動物が襲撃されるというのは、めったにないこととされています。

グンタイアリの分類

アリ学者たちによるグンタイアリの分類は、「グンタイアリ亜科」、「サスライアリ亜科」、「ヒメサスライアリ亜科」の3つに分けています。

「グンタイアリ亜科」・・・中南米に分布
「サスライアリ亜科」・・・アフリカ、一部のアジアに分布
「ヒメサスライアリ亜科」・・・東南アジアとアフリカに分布

この中で、「ヒメサスライアリ亜科」は他種のアリの巣を専門に襲いますが、小型・軽量のアリです。

ところが「サスライアリ亜科」は、大型で大変凶暴のため、中南米にいる「グンタイアリ亜科」よりも人々がイメージするグンタイアリに近いものと言われています。

グンタイアリの大きさ

3分類のグンタイアリは、それぞれ、女王アリ・雄アリ・働きアリの階級があり、働きアリ達はさらに4つの役目に別れています。

そして、女王アリと雄アリは、働きアリよりも巨大な体を持っています。

「グンタイアリ亜科」の働きアリは、1.5㎝程の大きさで、女王アリは、2㎝ぐらいの大きな体長をしていますが、「サスライアリ亜科」は、これらに比べてさらに大きなサイズです(女王アリは、5㎝に達するものもいるそうです)。

グンタイアリの独特な拠点作り

グンタイアリは移動することが多く、頻繁に拠点変更をしています。そのため、地面に穴を掘って巣を作ることはしません。

地面に穴を掘って巣を作る代わりに、グンタイアリは、拠点に合っている穴等を見つけると、自分たちの体を脚と脚を絡ませることで繋ぎあって鎖状になります。

これは「アリの鎖」と呼ばれるもので、数100万匹のアリたちがつなぎ合い、伸ばし合うことで、拠点の要塞を作っていたのです。

こうすることで、地中に穴を開けるコロニーと同等の頑強な住処を確保していました。

凶暴殺戮者としてのグンタイアリの役割

グンタイアリたちが、襲撃すると、その地域の個体数は減少しますが、襲われた種は、その地域で最も繁殖していた生物と言われています。

しかし、例え、グンタイアリの中で最も凶暴な「サスライアリ亜科」たちが、襲撃しても、一時的に空間ができるだけで、その空間には、直ぐに生存競争の弱者たちが住みついてしまいます。

つまり、グンタイアリは森の中で、生物多様性の手助けをしていたのです

スポンサーリンク
登山用品を1円でも高く売りたい人必見!