桜は、日本の代表的な花です。

冬が終わる頃になると、報道番組の話題の中心は、桜の開花時期になるくらいです。それくらい日本人には親しまれている桜ですが、桜の花をじっと観察すると不思議です。

何故、桜の花は、ニュース番組で桜前線を予測したりすることができる程に、一斉に咲き誇り、一斉に散っていくのでしょうか?

桜が日本中で愛されている理由

桜の花は、日本中に植えられています。
稲作の始まる前に咲く桜の花は、昔の人たちにとっては、「田んぼの神様」だったのです。

日本人には、神様はどこにでも宿るという考え方がありますが、「さくら」の「くら」には神様が地上に降りてきて一時的に滞在する場所としての「依代(よりしろ)」の意味があります。

そのため、春になって桜の花が満開になった頃に、桜の木の下で桜の花を愛でながら飲んで歌って楽しみながら豊作を祈ることが行われていました。

桜の花は、このような慣習とともに日本の各地で愛され現代の花見につながっているのです。

ソメイヨシノが桜の花の代表になった理由

ソメイヨシノは、日本の桜の代表と言われています。ところが、ソメイヨシノは、桜全体からみると新しい品種になります。

ソメイヨシノは、江戸時代の中期頃に、エドヒガン系の桜とオオシマザクラを交配することで誕生したと言われています。

当時は、江戸の染井村というところで園芸が盛んに行われていて、染井村(現在の巣鴨や駒込近傍)の植木業者が売り出したのが始まりとされています。

植木業者は、売り込みに際して桜の名所であった奈良県の吉野山を連想させる「吉野桜」と呼んでいましたが、実際には無関係でした。(明治時代に行われた調査で判明)

そのため、明治時代になってから、染井村で作られた吉野の桜というような意味を込めて、ソメイヨシノと名付けられたそうです。

このソメイヨシノは手入れも簡単で成長も早いことから、瞬く間に全国に広がって行きました。

ソメイヨシノの秘密から紐解く日本の桜の花の特徴

ソメイヨシノの花は、咲き始めると木全体が花におおわれて、とても華やかに咲きます。

この素晴らしい特徴は、交配親のエドヒガンから受けついたものです。もう一方の交配親であるオオシマザクラ(山桜)は、葉が出てきてから花が咲くため、花と葉が入り混じって見えます。

エドヒガンは、葉が出てくる前に花がいっせいに咲いて、花が散る頃に葉を出しますが、肝心の花は小さくて、しかも数が少ないという弱点がありました。

ところが、染井村の植木業者はエドヒガンと山桜を交配させて素晴らしい花を咲かせることに成功しました。

そして、この素晴らしい特徴を持つソメイヨシノは、接ぎ木で増やされて全国に広がっていきました。

接ぎ木の場合、その苗木は元の木の特徴をそのまま受け継ぐクローンです。

つまり、開花する温度になればいっせいに開花するし、花が散る時も環境が同じ地域に咲いている花は一斉に散ることになります。

日本の桜は圧倒的にソメイヨシノが多いため、桜と言えばソメイヨシノを連想してしまう程です。

この、ソメイヨシノは、クローンで各地に広がり、その性質を同じように引き継いでいるため

周囲の環境が整えば、一斉に咲いて一斉に散ってしまいます。これが日本の桜の花の特徴として認識されてしまったのかもしれません。