ヒアリ等の外来アリの上陸で、アリは話題の中心になることが多くなってきた。

そんな、アリの中でも有名で人気があるのはグンタイアリです。グンタイアリについては、以前も記事にしたことがあって、その習性は他のアリを奴隷にしているものでした。

私は、グンタイアリというのは、

奴隷アリに世話してもらわないと自分で食事もできない可哀想なアリだと思っていましたが、他のアリを襲って食料にしている、とんでもなく恐ろしいグンタイアリもいることを知りました。

3つのグンタイアリの分類群

グンタイアリは、南米にいる「グンタイアリ亜科」、アフリカや東南アジアの熱帯域にいる「サスライアリ亜科」及び「ヒメサスライアリ亜科」の3つに分類されています。
(注.亜科とは、科に含まれていて、一つ下の単位に相当します)

グンタイアリは、3亜科ともに放浪性で、集団で狩りをするアリという共通の特徴を持っていますが、「ヒメサスライアリ亜科」だけは、名前からは想像できない程、とても凶暴なアリでした。

ヒメサスライアリの特徴と他のアリの巣を襲撃する方法

ヒメサスライアリは東南アジアに50種程が生息していて、その種類ごとに、捕食するアリは決まっています。(好みの味があるようです)

ヒメサスライアリは、3mm-5mm程度の小さなアリですが、アリの巣を襲撃する時は、集団で一斉に巣の中になだれ込んで、巣の中にいるアリを毒針で刺し殺してしまいます。

何とか巣穴から逃れてきたアリは、幼虫をくわえて逃げまどいますが、右往左往しているだけでどうすることも出来ません。

ヒメサスライアリは襲撃が終ると、巣から幼虫や蛹を持ち帰って自分たちの食料にします。

ヒメサスライアリの存在の意味するもの

ヒメサスライアリに襲われた巣は、大抵全滅してしまいますが誰もいなくなったアリの巣には、別のアリたちがやってきて暮らし始めます。

熱帯雨林地域でのアリは、多様性に富んでいて、数100m四方の範囲に500種ものアリが棲んでいることもあります。(ちなみに日本にいるアリは国土全体でも、300種に満たないそうです)

こんなに沢山のアリが狭い範囲にいるため、他の生物の生態系に与える影響は大きいと考えられます。(逆に言うと、アリの多様性を変えることは生き物たちには、大きなインパクトになってしまいます)

ヒメサスライアリが、巣を襲ってそこにいるアリを全滅させることで、別のアリが来て営巣し始めることを考えると、

ヒメサスライアリは、特定のアリだけが繁栄することを阻止して、アリ達の多様性を維持していると考えることもできます。

アリの多様性を維持することは、他の生き物たちの生態系を保つことに繋がるため、ヒメサスライアリの存在は、生態系のバランスに無くてはならないものになります。

ヒメサスライアリは、アリの中の頂点に君臨している恐ろしい捕食者と言っても良いと思いますが、実はそんなヒメサスライアリでも苦手にしているアリがいました。

それは、ハキリアリです。この関係については別の機会に紹介することにします。

尚、今回紹介したヒメサスライアリは、日本の西表島にもいるそうです。

先日、実家の庭にあったアリの巣が、もぬけの殻状態になっていました。もちろん、別の理由でアリがいなくなったのだと思いますが、ひょっとしたら既に国内のあちらこちらにいるのではないかと想像も膨らんでしまいます。(ちょっとしたミステリーです)