前回は、アリに成りすまして、アリから餌をもらう居候の昆虫を紹介しました。そして、このように、アリの社会に依存して生活するような昆虫のことを「好蟻性(こうぎせい)昆虫」と呼んでいました。

ところが、「好蟻性(こうぎせい)昆虫」の中には、餌をもらって生活するようなおとなしいものだけでなく、アリの巣に棲みついて、こっそりとアリを食べている恐ろしい昆虫もいたのです。

アリスアブの幼虫

ハナアブ科のアリスアブの幼虫は、1㎝程のドーム状をしたナメクジのような体形をしていて、アリの幼虫室の壁などに貼りついています。

アリスアブの幼虫は、アリの幼虫を食べて成長しますが、動きがゆっくりしているため、壁と同化しています。

そのため、アリは、幼虫を食べられていることに全く気が付かないそうです。

ナメクジのような生き物がゆっくり動いて、こっそりアリの幼虫を食べているのを想像すると、かなり不気味ですね。

ゴマシジミチョウの幼虫

ゴマシジミチョウの幼虫(イモムシ)は、アリ(クシケアリ)が好む化学物質を出すことから、アリが好んで近寄ります。

そして、チョウの幼虫が程よい大きさに成長すると、クシケアリは、その幼虫を巣に持ち帰ります。

こうして、アリの巣に侵入したゴマシジミチョウの幼虫は、アリの幼虫を食べて成長します。

そして、ゴマシジミチョウの幼虫は、さらに工夫して餌をせしめていました。
女王アリが出す音を真似ることで、働きアリから餌をもらっていたのです。

こんなことまですることには驚きましたが、ゴマシジミチョウの幼虫は、アリよりも随分大きいため、食欲は相当あるのだと思います。

それに、アリの幼虫ばかりを食べていては、アリに気づかれてしまうかもしれません。(すごいです)

私は、アリたちが仲間との会話(交信)をする方法に、フェロモン(化学物質)を使うことは知っていましたが、音をだすことで会話(交信)をすることは知りませんでした。

後で調べたところ、アリが音で会話(交信)することは既に確認されていました。

アリノスシジミチョウの幼虫

アリノスシジミチョウの幼虫は、とても凶暴なツムギアリの巣に棲んで、ツムギアリの幼虫を食べて生活しています。

アリノスシジミチョウの幼虫が凶暴なアリの巣に棲めるのは、亀の甲羅のような形状をしていてとても硬く、しかも表面がツルツルしているためアリが攻撃できないからでした。

クサアリハネカムシ

ハネカムシの仲間のクサアリハネカムシは、クサアリというアリの周辺で生活していて、普段は死んだアリを食べていますが、空腹になるとアリを襲って食べてしまいます。

クサアリハネカムシがクサアリを襲う時には、クサアリの頭の付け根に噛みついて血管や神経を一撃で切って仕留めます。

これは、クサアリハネカムシのサイズがクサアリと同じ大きさのためです。アリの反撃を避けるためには、このような一撃必殺で襲うのがベストなのです。

アリの社会は統制がとれているし、他の昆虫を餌にすることから、他の生き物たちからは相当怖れられています。そんな、アリの近くに棲んで、アリを食べてしまうことで生活をしている昆虫がいることには本当に驚かされました。

昆虫たちの世界は不思議で興味がつきませんね!