花の色は綺麗で鮮やかですが、本当は人に見せているのではなくて、花粉を運んでくれる昆虫や虫などのポリネータの目印として咲いています。

昆虫たちの目の構造は人とは違うため、人が見ている花とは違ってみえるはずです。

そのため、人が見た花が綺麗で鮮やかに見えるのは、たまたま偶然そうなっただけなのかもしれません。

まあ、ともかく様々な花は、ポリネータとしての活動をしない私たちも楽しませてくれるのは幸運でした。

人は花の色をどのように認識しているのでしょうか?

ポリネータの昆虫にどう見えるかはさておき、私たち「人」が見ている花の色はどのように作られているのかを調べてみました。

太陽光線などの光が花に到達すると
光は、花の色素に吸収されるものと花の表面で反射するものに分かれます。

つまり、人が見ている花の色は、花の表面で反射した光をみていることになります。
そのため、人は、花の表面で反射した可視光線の色を見ていることになります。

但し、白い花の場合は色素が殆どありません。そのため、吸収される光はありませんが、花の細胞の間には多くの気泡があって乱反射しています。

白い花については乱反射した光が白く見えるため、
人は色素のない花を、白い花と認識します。

実際の花の色は様々ですが、色のもとになっているのは、赤、青、紫色を作る「アントシアニン」と、濃い黄色とオレンジ色を作る「カロテン」、そして薄い黄色を作る「フラボン」です。

花の色は、「アントシアニン」、「カロテン」「フラボン」などの色素が混ざり合う割合に応じたもので、様々な色が作られていることになります。

ちょっと面倒ですが、もっと細かく言うと、「アントシアニン」、「カロテン」「フラボン」などの色素の混合比に応じて、花の色素への光の吸収のされ方は違います。

そのため、花の表面で吸収されない残りの光(花の表面で反射する光)も違うものになります。人は、この光を見て花の色を認識しています。

そして、色素のない白色の花は、気泡の乱反射でした。

「アントシアニン」の特殊な性質で変化する花の色

「アントシアニン」は、リトマス試験紙と同様に、水素イオン指数(pH)が変化すると色が変わるという性質があります。

水素イオン指数(pH)が小さい酸性では「赤色」、水素イオン指数(pH)の大きいアルカリ性では「青色」に、そして中性の場合は紫色に変化することが判っています。

次に判りやすい事例を紹介します。

青や紫色で咲いていたアサガオの花が、元気がなくなると赤に変わるのは、「アントシアニン」の水素イオン指数(pH)が下がってきたことによります。

実は、水素イオン指数(pH)を高くするには大きなエネルギーが必要で、疲れてくると水素イオン指数(pH)は低くなるのです。

このアサガオは、元気よく咲いていた時には、水素イオン指数(pH)が高かったのですが、元気がなくなってしおれてきた時にはエネルギーが低下して、水素イオン指数(pH)が下がってきたことで、花の色も赤く変化したのだと考えられます。

このように、アントシアニンを多く含んでいる花の場合は、水素イオン指数(pH)の変化に応じて花の色が変わります。注意して観察すると面白そうです。