日本人なら誰でも知っているスズメ

スズメはどこにでもいるし、身なりは地味で、鳴き声も「チュンチュン」と騒がしくしているだけです。

そのため、誰でも知っている鳥ですが、あまり注目されていない小鳥です。
しかし、スズメたちは人間のことを、とても注意深く観察しています。

そんな、スズメたちのことを紹介します。

 

 群れで鳴きながら食事をする理由

スズメは、大抵は群れで一緒に移動しています。

そして、いつも「チュンチュン」と騒がしく鳴いています。もちろん、食事をする時もピョンピョンと飛び跳ねながら餌に近づいて「チュンチュン」と鳴きながら餌をついばんでいます。

ところが、猫などが近くにくると、シ~ンと静まりかえります。
これは、危険が迫っているのでお互いに注意しようとアンテナをはってピリピリしている状態です。そして、何かが起こると、一斉に飛び立って逃げてしまいます。

こんなことは、1匹で行動していてはできません。群れなら、お互いを利用して、ある程度広い範囲で危険を知らせるセンサーを張り巡らせていることになります。

スズメが、「チュンチュン」と群れで鳴きながら食事をしている理由は、今は安全に食事ができるという合図を交わしているのです。

スズメは何故、民家付近で生活するのか?

スズメは、常に人を警戒しています。特に日本にいるスズメは人に対する警戒心が強いようです。この理由は、日本人が稲作民族のために稲穂を食べるスズメを害鳥として扱ってきた長い歴史が影響していると考えられています。

しかし、スズメたちは危険な人間の傍で生活することを選びました。それが証拠に、過疎で人口が減って人がいなくなった地区では、スズメもいなくなるそうです。

スズメが民家の近くで生活する理由は、他の危険な動物が少ないためと考えられています。

面白いことに、タカの一種である「サシバ」や「ハチクマ」という「猛禽類(もうきんるい)」が棲んでいる森を調査した結果、その付近にはスズメが生息していることが多いというデータがあります。

スズメは何故、そんな危険と隣合わせの場所に棲むのか?
この理由は、やはり、スズメの卵やヒナを襲うであろう他の生き物が、そんな危険な場所には少ないためと考えるべきなのでしょうか?

人里にも、人がペットにしている危険なネコは沢山います。そう考えると、「スズメが民家の近くで生活するのは、他の危険な動物が少ないため」なのでしょうか?

ちょっと理解に苦しみますが、自然界では、どこにも危険があります。
それならば、危険の対象がはっきりしている「民家付近」や「猛禽類(もうきんるい)」の棲む森の方が、注意すべき相手を絞りこむことができるため、対処が楽なのかもしれません。

ともかく、自然界で生活するのは、人には想像できない程、大変な世界だということは判ります。スズメが、人の近くや、タカのいる森で生活するのは、やむにやまれず選んだ究極の選択なのかもしれません。