カラスが生ごみの集積場所に来て残飯を散らかされて、困っている人は多いと思います。

東京の都心では、何故こんなにもカラスが多いのかと驚かされたこともありますが、2000年以降は都心のカラスは減ってきたようです。

実は東京の都心にカラスが多い理由は幾つかありました。

そして、大阪などの関西以西の都会ではカラスは少ないそうです。

この理由を突き詰めて対策することで、都会のカラスを減らすことは出来ると思います。

何故、東京都心にカラスは群がっていたのか?

カラスは、夕方になると集団で夜を過ごすという習性がありますが、東京には、夜間に人が立ち入らないで、安心して眠れる場所(明治神宮や自然教育園)などの大緑地がありました。(大阪など他の都市では、このような環境は少ないそうです)

それに、東京のゴミ回収は早朝型のため、昼行性のカラスでも早起きすれば残飯を食べることができますが、大阪以西では深夜回収型が多いために、カラスは残飯を餌にすることができません。

さらに、以前の東京では剥き出しの箱に生ごみを詰めて出すことや、ポリバケツの蓋が開いているなどもあったようです。(生ごみの扱いが関西以西に比べてずさんでした)

つまり、東京都心にカラスが群がる理由は、安心して眠ることのできる塒(ねぐら)と、早朝に食べることのできる生ごみが豊富にあったからだと思われます。

2000年以降、東京都心のカラスが減ってき理由

東京都は、増え続けるカラス対策のため、生ごみ回収管理(ルールを守らせ、生ごみがカラスに食べられないように対応)を徹底して行いました。

これは、2000年以降にカラスの数が減少に転じた大きな理由だと思います。

うがった見方をすると、バブル景気が去ったことで、人々の無駄に対する意識が高くなったため、まだ食べられそうな残飯を捨てることが少なくなったためかもしれません
又、もう一つの要因として、2000年頃から、皇居などでカラスの天敵であるオオタカの繁殖が見られました。

オオタカは、カラスを捕食してしまう猛禽類(もうきんるい)です。

これを人に当てはめて考えてみると、
皇居や明治神宮にライオンやトラなどが野放しでいることに相当すると思います。
もし、1頭でもいたら人は誰も近づかないと思います。

カラスにしてみれば、そんな恐ろしいオオタカが繁殖しているのですから、近づかなくなると思います。この影響については判っていないそうですが、私は、カラスのように注意深い生き物には精神的な効果として大きく作用したのではないかと思います。

2000年を境にして都心のカラスが減ってきた理由は、このように様々なことが考えられますが、自治体でできる対策は、生ごみ回収管理の徹底(ルールを守らせ、生ごみがカラスに食べられないように対応)です。

東京都心でも減少させることが出来たのですから、どこでもできると思います。