鳥は飛ぶことができるため、想像を超えるような渡りをしています。鳥の渡りについては、人間からすると疑問点が多く、世界中の研究者が注目している分野です。まだ、多くのことが未解明ですが、追跡装置技術の進化などにより判ってきたことも多くなってきました。

今回は、渡り鳥たちの驚異的な能力について文献などの資料をもとに「オオソリハシシギ」と「ハイイロミズナギドリ」についてまとめてみました。

オオソリハシシギ

この鳥は、シギ類の一種で、全長は40㎝程の大きさをしています。特徴的なくちばしは、長くて、やや上に反っています。日本でも春先や秋に干潟、砂浜などで観察されていますが、繁殖地のアラスカ西部等の北極圏から、遠くはオーストラリア東部やニュージーランド方面まで行って越冬する渡り鳥です。

日本に来るのはアラスカ西部から飛来して西南アジアや東南アジアなどで越冬した一部が旅鳥として渡来したものと思われます。

この鳥の総延長移動距離は7,000km~12,000kmに及んでいて、その間は無着陸で飛び続けるそうです。

11700kmを飛んだ雌の記録をみると、アラスカを飛び立って、およそ8日後にニュージーランド北部に到着していますが、その期間はどこにも着陸しないで飛び続けていました。

ハイイロミズナギドリ

ハイイロミズナギドリはニュージーランドで繁殖する夏の海鳥ですが、驚いたことに年間の総延長移動距離は65,000kmにもなることです。

ハイイロミズナギドリは繁殖(巣を作って産卵、子育て)後ニュージーランドから海上をやや東南方向に飛んだ後、南極付近や南アメリカ沿岸に向かいます。

その後、太平洋上を北上して、日本、カムチャツカ、アラスカ、或いはカリフォルニア沿岸等に向かいしばらく滞在します。

そして、再び、太平洋上を南下してニュージーランドに戻ります。

この間の総延長移動距離が65,000kmと膨大なものになることが確認されています(地球1周半以上の距離に相当します)。尚、ハイイロミズナギドリは海鳥のため、陸地ではなく海面に降りて休憩等をします。

ハイイロミズナギドリの移動を大きく分けると、11月~翌年の5月は南半球で滞在し、6月~10月は北半球に滞在していることが判ります。つまり、1年中エサが豊富で暖かい夏を満喫していたのです。

ハイイロミズナギドリは、自分が持っている特別な飛翔能力を駆使することで、地球規模の季節の移り変わりを、なかったかのようにしてしまった鳥です。

ちなみに、ハイイロミズナギドリは、飛翔能力だけでなく、潜水能力にも秀でた鳥でした。

記録によると、68メートルまで潜水できることが判っています。尚、蛇足ですが、ペンギンの潜水能力は突出していて564メートルという記録もありますが、ハイイロミズナギドリの潜水能力は、ペンギンに次ぐものです。

本当に驚きの記録ばかりですが、追跡装置の小型化や通信技術の進化は大きく貢献していると思います。これからも、様々な新データが取得されることで、渡り鳥の能力や、何のために渡をするのか等の疑問点が判るようになると思います。

尚、このようなことが判るのも鳥を観察して情報を発表している研究者がいるからです。いつもながら、研究者たちの努力には感謝させられます。