子供達に大人気のダンゴムシ

ダンゴムシの写真

ダンゴムシの写真


ダンゴムシの脚は7対で14本あります。従って当然、昆虫ではなく、エビやカニの仲間です。ダンゴムシは、ヨーロッパから入ってきた外来種で、日本に来たのは明治時代以降のようです。

脚がいっぱいある虫は、普通は気持ち悪いため嫌われていますが、ダンゴムシだけは例外です。

ダンゴムシは、捕まえようとすると直ぐに丸くなってコロコロするし、丸くなったダンゴムシを手の平に載せても、何もしなければ直ぐに元に戻って歩き出します。その仕草には不思議な愛嬌があるし、噛みつかないので子供達の人気者です。

私も子供の頃は、ダンゴムシを見つけると、手の平の上で歩かせて観察するのが好きでした。虫かごに土とダンゴムシを入れて飼っていたこともあります。

しかし、今になって考えてみると、ダンゴムシは何を餌にしていたのでしょうか?
少し気になったため調べてみました。

ダンゴムシの食べ物

調べてみると、ダンゴムシの食べ物は落ち葉でした。ダンゴムシは、落ち葉を食べて分解して、糞をすることで付近の土壌を養分のある豊かな土にしていました。(ダンゴムシの糞は、バクテリアに分解されて栄養のある土に戻るため、植物の成長に役立っています)

また、ダンゴムシは、コンクリート等に含まれているカルシウムも食べていました。

ダンゴムシは、積まれたブロックの隙間等にいます。これは、ダンゴムシが湿っていて薄暗い所を好むというだけではなく、ブロックに含まれるカルシウムを食べていたからです。

ダンゴムシが丸くなる理由

ダンゴムシの殻は、カルシウムで出来ていて外敵から身を守るための鎧(よろい)の役目をしています。ダンゴムシが団子のように丸くなるのは、背中の鎧(よろい)で、やわらかい腹部を守るためでした。

この鎧(よろい)は、成虫になっても何度も脱皮するため、ダンゴムシには鎧(よろい)の元となるカルシウムが必須です。(そのため、コンクリートを食べていたのです)

尚、ダンゴムシに似ている別種のワラジムシは、丸くなりません。ワラジムシの背中は鎧(よろい)ではないからです。そのかわりに、素早い逃げ足で身を守っています。

ダンゴムシの面白い習性

ダンゴムシには、丸くなるだけではなくて、ちょっと変わった習性もありました。

ダンゴムシの動きをみていると、前に進んで壁にぶつかると左右どちらかに曲がりますが、再度壁にぶつかると、前に曲がった方向とは逆方向に進みます。(右に曲がったら、次には左に進み、その次は右という具合にジグザグに進みます)

ダンゴムシの、この習性は、様々な生き物に見られるものですが、ダンゴムシやゾウリムシには特に顕著に現れます。

これは、敵から逃げるための行動と考えられていますが、詳細は判っていません。