バードウォッチングは、考えているよりもやってみると何倍も楽しいものです。鳥を意識し始めると、何処かに出かけなくても身近なところで鳥の仕草を楽しむことができます。

家の窓から見える鳥を観察することもバードウォッチングだと思います。

だんだんと鳥への意識が強くなると、いままで見過ごしていた景色や風景も違うものに感じられるようになり、寒い日でも、ぶらぶらと鳥を求めて出かけるようになってしまいます。

最近では、鳥をみるだけではなくて鳥の声を録音したくなりました。私は、まだ実行できていませんが将来チャレンジしてみたくなりました。

取りあえず野鳥の音声録音の方法について調べてみました。

野鳥の音声録音に必要な機材

最近のスマホや携帯電話のカメラはコンパクトカメラの売れ行きを脅かしています。そして、スマホや携帯電話には録音機能もあります。鳥の声もこれを使えば良いのかと考えましたが、きれいな鳥の声を録音するには、無理のようです。(簡単ではないようです)

鳥は外で鳴いているため、風の音(ノイズ)が録音されないようにする工夫が必要でした。

音声録音機材に求められるもの

野鳥のさえずりをきれいな音声で聞くためには、小型軽量でマイクを内蔵した、PCMレコーダが良いそうです。

PCMレコーダは、音質が良くて、モータを使っていないため雑音がでません。その上、録音レベルの調整が簡単にできるからです。

音声録音機材に付加する道具

最も必要なのは、風のノイズを少なくしてくれるウィンドスクリーンやジャマー(風防)、それに録音機材をしっかり固定する三脚です。

ジャマーは録音機材のマイクにつけます。ジャマーは柔らかくてふかふかの毛皮のようなもので、風のノイズを低減します。

このジャマーがないと、小さな風でも大きなノイズ音を録音してしまうため、最も重要なパーツです。

PCMレコーダを手で持って録音すると、こすれ音なども拾ってしまうため、しっかり固定できる小型の三脚も必須です。

さらに、延長コードでPCMレコーダに繋ぐことのできる外部マイクがあれば、鳥から離れた場所からPCMレコーダを操作できます。尚、録音レベルの設定は、ピークランプが点灯して音声「割れ」をしないように注意しなければなりません。

想像していた以上に大変そうです。しかし録音できたら嬉しいと思います。

 

音声録音の楽しみ方

録音できたら、家でパソコンにデータを取り込んで管理します。
無料の音声エディターで、音の大きさの適正化や特定周波数を除去してノイズを減らす等の調整もできます。

これをCDRに書き込めばオリジナルのCDの完成です。

以上が、野鳥の音声録音について調べた結果です。まずは、PCMレコーダを購入することが必要でした。

野鳥のさえずりの録音に最も適しているのは夏の早朝と言われています。来年の夏までに準備しようと思います。(楽しみは増えましたが、三日坊主の私のやる気が続くか心配です)