世界中のスズメバチは、4属67種類ですが、日本にいるスズメバチは、3属16種もいて、世界最大と言われている「オオスズメバチ」も日本にいます。

ところが、スズメバチの中でも「社会寄生」という異色の行動をする「チャイロスズメバチ」という蜂もいました。

日本にいる3属16種のスズメバチ

スズメバチ属(7種類)

オオスズメバチ、キイロスズメバチ、コガタスズメバチ、モンススズメバチ、ヒメスズメバチ、ツマグロスズメバチ、チャイロスズメバチ

クロスズメバチ属(5種類)

クロスズメバチ、シダクロスズメバチ、ツヤクロスズメバチ、キオビクロスズメバチ、ヤドリスズメバチ

ホオナガスズメバチ属(4種類)

キオビホオナガスズメバチ、シロオビホオナガスズメバチ、ニッポンホオナガスズメバチ、ヤドリホオナガスズメバチ

私は調べるまで、これ程多くのスズメバチが日本に生息しているとは知りませんでした。(毎年スズメバチに刺される人が多いのもうなずけます)

スズメバチの被害が最も多いのは、個体数が多くて攻撃的な「キイロスズメバチ」ですが、日本には世界一大きくて強力な顎(あご)を持っている「オオスズメバチ」がいます。

まさにスズメバチの大国ですが、スズメバチの中ではだいぶ異色と言われている「チャイロスズメバチ」もいました。

チャイロスズメバチの生態

チャイロスズメバチの体の特徴

チャイロスズメバチは赤茶色(腹部は黒)をした蜂で、女王蜂の大きさは30mm程、働き蜂の大きさは17~24mm程とあまり大きな蜂ではありませんが、外骨格(がいこっかく)は硬くて、オオスズメバチの大あごでも貫通しない程頑丈と言われています。

チャイロスズメバチの性格は攻撃的で執念深いため、一度狙われるとかなり遠方まで追ってくるそうです。しかも刺されると、強烈な痛みに襲(おそ)われるようです。(気を付けて下さい)

社会寄生をするチャイロスズメバチ

チャイロスズメバチの女王は、キイロスズメバチ等の巣に入り込み、女王を殺して巣をのっ取ってしまいます。

その方法は、
① キイロスズメバチなどが巣を作り始めて最初の働き蜂が羽化(うか)する時期に合わせて、チャイロスズメバチの女王が越冬から目覚めます。

② 越冬から目覚めたチャイロスズメバチの女王は、キイロスズメバチの巣に入って女王蜂を殺してしまいます。(この時点で、巣ののっとりに成功します。)

③ 巣をのっ取られたキイロスズメバチの巣では、キイロスズメバチの働き蜂が羽化(うか)しますが、チャイロスズメバチは、彼らを奴隷として従わせます。

④ さらに時が経過すると、チャイロスズメバチの働き蜂も生まれてくるため、暫くは異なるハチが同居する巣になります。

このような一連の行動はチャイロスズメバチの「社会寄生」と呼ばれます。

社会寄生を実現するための対応

チャイロスズメバチは、他のスズメバチが巣作りを始めた頃に巣をのっとるため、他のスズメバチに比べて越冬後の目覚め時期を遅くしています。(他のスズメバチ:4~5月、チャイロスズメバチ:5~7月頃)

 

何だか、サムライアリに少しだけ似ていますね。チャイロスズメバチは、奴隷アリに頼りきっているサムライアリよりも自立していて少しホットしました。