カブトムシの食べ物は樹液や果物の汁等と思っていましたが、何とタケノコを食べるカブトムシもいました。

タケノコを食べると聞いて驚きましたが、調べてみると、タケノコ以外にも「ヤシの木の茎」を食べるものや、「昆虫の幼虫」を食べるもの、もっとすごいのは「腐肉」を食べるカブトムシもいました。

変なものを食べる異色のカブトムシ

「ヤシの木の茎」を食べるカブトムシ・・・コーカサスオオカブト、ヘラクレスオオカブト、沖縄にいるタイワンカブト

「昆虫の幼虫」を食べるカブトムシ・・・コカブトムシ

「腐肉」を食べるカブトムシ・・・マダガスカルのヘクソドンの仲間

普通のカブトムシが食べる樹液の成分

一般的な木の茎・葉・根などの器官を貫いている束状(そくじょう)の中には樹脂液が流れています。樹脂液の成分は、木の種類によって違いますが、「アミノ酸」「糖類」「タンパク質」等の複雑な成分から作られています。

タケノコの汁の成分

タケノコの汁の成分には、たんぱく質、脂質、カルシウム、リン、カリウム、ビタミンCなどが含まれていました。(糖分はありませんでした)

タケノコを食べて生活しているカブトムシ

タケノコを食べて竹林で生活しているカブトムシは、「ノコギリタテヅノカブト」と「ゴホンヅノカブト」の2種です。

ノコギリタテヅノカブト

このカブトムシは、ベネヅエラ周辺の高原にある細い竹(シノダケのような竹)の林で生活しています。ノコギリタテヅノカブトの大きさは、長い前脚を除くと、日本のカブトムシとほぼ同じ大きさです。オスは、光沢のある茶色で、メスは黒色をしています。

ノコギリタテヅノカブトは、タケノコに飛んできて登る時には上向きですが、やがて体を反転させて生活します。タケノコを食べる時にも体を下向きにしてタケノコの柔らかい所にかじりついて汁を吸っています。

ゴホンヅノカブト

ゴホンヅノカブトは、タイ北部は多くのカブトムシが生息していますが、その中の竹林(孟宗竹のような太い竹)の中にゴホンヅノカブトがいます。

ゴホンヅノカブトのオスは、名前の通り5本の角をもっていて、全体的に光沢がある美しいカブトムシです。背の翅(はね)は、オス、メスともにクリーム色をしています。

ゴホンヅノカブトは、ノコギリタテヅノカブトと違い、身体を上向きにして竹に止まって生活していて、タケノコの柔らかい新芽の汁を好んで食べます。

確かに、タケノコの成分をみると豊富な栄養も入っているため、ノコギリタテヅノカブトやゴホンヅノカブトは成長できるのだと思いますが、糖分が入っていないタケノコを好んで食べているカブトムシがいるとは、ちょっと驚きました。

 

想像ですが、ノコギリタテヅノカブトやゴホンヅノカブトは、他のカブトムシが食べない竹を食材に選ぶという選択をしてきたため、生きのびているのかもしれません。