まるで、映画のジュラシックパークを連想させるような、わくわくする発見がありました。琥珀(こはく)の中に閉じ込められた、孵化(ふか)したばかりの鳥(エナンティオルニス)が、見つかったからです。

「尚、左の写真は琥珀中に虫が封じ込まれている例です。本記事とは関係ありません。」

エナンティオルニスは、恐竜の時代と言われる白亜紀(1億4,500万年前-6,550万年前)の終わりごろに絶滅したと考えられている歯を持つ鳥です。成長したエナンティオルニスはスズメぐらいの大きさですが、琥珀(こはく)内のエナンティオルニスのサイズは、6㎝ぐらいのサイズです。

この古代の鳥(エナンティオルニス)が琥珀(こはく)内に閉じ込められ、ほぼ完全な状態で存在しているのが発見され、およそ1年かけて様々な解析が行われました。

解析結果は、中国科学院の脊椎古生物学・古人類学のジングマイ・オコナー教授によって報告されています。

年代の特定

琥珀(こはく)は、粘着性のある樹液の塊が化石化したものです。
エナンティオルニスが閉じ込められていた琥珀(こはく)は、ミャンマー北部にある鉱山から発掘され、年代測定の結果、凡そ、9800万年前のものと推定されています。

今回の標本の状態

今回のエナンティオルニスの標本は、ほぼ完全な形で、「琥珀(こはく):長さ8.6㎝、幅3㎝、厚さ5.7㎝」内で保存されていました。

但し、琥珀(こはく)は、半分に割れていて、頭蓋部が砕かれて切断され、クチバシと頭蓋部(含む首部)が分断しています。

体は完全に残っていて、柔らかい組織(耳の外部開口部、まぶた、足裏の細部など)や羽毛も観察できる状態でした。

分析結果

この標本は、最初の羽毛「孵化羽毛(ふかうもう)」を新しい羽に替える時に、粘着性のある樹液内に浸かってしまったようです。抜け落ちた羽毛と、これから抜ける羽毛も体についている状態でした。

最初の羽毛が抜け替わる時期にもかかわらず、エナンティオルニスの標本は、既に主翼羽(風切り羽)が生えそろっていました。

このことは、エナンティオルニスのグループの鳥は、早い時期から他の鳥類グループとは枝分かれをしていたことの証拠になります。

今回の標本は、孵化羽毛(ふかうもう)や身体の外皮が完全に残っていたため、エナンティオルニスの胎生期(たいせいき)、羽毛の詳細構造、さらに色素の沈着パターンなどの詳しい分析結果をもたらしてくれました。

この情報を見て、樹液は古生物の保存にはとても役立つものと再認識しました。

資料には琥珀(こはく)内の骨の写真とともに、コンピュータで復元した画像もあって、とても興味をそそられますが、私のような素人が画像を見ても、羽を広げたスズメのようにしか見えません。