私はトマトが大好きです。トマトの実を冷やしてちょっと塩を振りかけて食べるのはたまりません。

トマトケチャップも好きです。スパゲッティに入れるトマトも大好きです。

そんなトマトのことを調べてみると、面白いことがいくつかありました。

トマトは野菜なのか果物なのか?

トマトは、果物のように見えますが、野菜の分類で扱われています。トマトが野菜なのか、果物なのか?
これは、大抵の人が疑問に思ったことではないでしょうか?

実は、アメリカでも19世紀末ごろに、トマトは野菜か・果物か?
で、何と裁判が行われています。

果物なら税金がかかりませんが、当時のアメリカでは、野菜を輸入すると関税がかかるため、輸入業者と国との間で訴訟(そしょう)がおきたのです。

この判決結果は気になりますよね!

判決結果・・・トマトは野菜
判決理由・・・トマトは果樹園ではなく、野菜畑で育てられるから
判決理由の補足・・・トマトは食後のデザートにはならない

裁判官は、恐らく植物学的な特長なども調べた上で結論を出したのだと思いますが、一般人に判りやすい表現で判決結果を示したのだと思います。実にユニークで、明快に言い切ってしまうところが良いですね。

話はかわりますが、トマトの原種は、水分の少ないアンデスの高地が自生地です。そのため、できるだけ水分を与えないで育てた方が美味しく育つと聞いたことがありますが、本当なのでしょうか?

水分や栄養を少なくして育てた方が美味しいトマトができるということに対して、真逆な対応のように見えることが行われていました。

世界一大きく育てたトマトの株

北海道の農業・食に関するテーマパークの「えこりん村」で、温室内でトマトを水耕栽培(種をまいてから1年間)したところ、トマトの1株が26坪に広がって育っています。これは、2013年11月のことで、世界一と認定されています。

また、その前年の2012年には同テーマパークの水耕栽培で、トマト1株から17,402個ものトマトが収穫されています。

尚、この水耕栽培には特殊な種や養分などは使われていません。(水耕栽培ですから土は使っていません)

トマトには、必要な光や温度が与えられて、根を発育させられる環境があれば、ここまで成長する能力が備わっていると考えてよさそうです。

ちなみに通常の畑や温室で栽培した場合は、トマト1粒の種から育ったものの収穫量の記録は、1,355個でした。どうやら、水耕栽培は、トマトの収穫能力を10倍以上にしてくれるようです。

水耕栽培した時の味については、ふれられていませんでしたが、トマトの価値は色に現れると言われますので、私の想像では、水耕栽培のトマトも畑で収穫したトマトと同等だと考えています。(機会があれば確認したいと思います)

■トマトが真っ赤に色づく理由

トマトの実が真っ赤になるのは、有害な紫外線から、カロチンやリコピンという(抗酸化物質)の色素で実を守っているからです。

紫外線をあびた植物内では、有害な活性酸素が発生してしまいます。トマトの果実も同様ですが、カロチンやリコピンを果実の皮や果肉に多く含んでいるため活性酸素を消去するように働きます。

トマトの果実は、紫外線を多く浴びれば浴びる程、カロチンやリコピンを作って、真っ赤に色づくのです。

 

沢山収穫できる水耕栽培のトマトも、真っ赤に実れば美味しくて栄養満点なのかもしれません。

水耕栽培は、トマト以外にも野菜作りや果実作りなどで、良い結果が出てきているようです。

最近の地球環境の変化を考えると、水耕栽培の技術の進展に期待が膨らみます。