以前、何かの本でアリには「働かないアリ」が20%程いると書いてありました。また、別の書籍には、アリだけでなく、集団で生活している様々な生き物の世界では、同様のことが起こっているというようなことが記載してありました。

但し、「働かないアリ」は、働く必要のない時だから休んでいて、子育てで多忙の時や、敵が侵入した緊急の場合等は働くという趣旨だったと思います。

ところが、最近読んだ本によると「働かないアリ」は、全てのことに対してやる気がないというのです。しかも、「働かないアリ」の脳内にある神経伝達物質に、「やる気の出ない脳内物質」が多く存在したというのです。(これは初めて知りました。本当に驚きです。)

また、別の読みもの(研究概要)には、アリに「蜜」を与えるイモムシとの「共生」の関係と考えられていたものが、

実は、イモムシがアリに与える「蜜」は、神経伝達物質で、アリの行動を操作する「薬物」として用いられていたことが確認されたそうです。

これらの新しい発見は、いずれも脳内の神経伝達物質によって影響を受けるアリの行動について言及しています。大変興味深い内容ですので、もう少しだけ詳しい内容を紹介します。

「働かないアリ」の脳内に多く存在する神経伝達物質

この内容が書かれていた本は、

「アリ! なんであんたはそうなのか」尾崎まみこ著 発行所:株式会社化学同人
です。

この本によると、研究室でアリの一家を飼育すると、「働かないアリ」は存在していて、急に飼育箱の蓋をあけると、通常のアリは大慌てで動き回りますが「働かないアリ」は、べったりと体を床にふせたままの姿勢で動こうとしない。

又、別の巣のアリを連れてきて出会わせても、攻撃しないそうです(普通なら、直ぐに戦います)。

意識レベルがあまりにも違うため、「働かないアリ」と「普通のアリ」の脳内物質を測定してもらったところ「オクトパミン」という神経伝達物質に差がありました。「働かないアリ」の「オクトパミン」は「普通のアリ」よりも多かったのです。

オクトパミンとは

オクトパミンは、タコに存在するアミンとして、最初に発見されました。このオクトパミンは動物界の生き物は大抵持っていて、人間にもあるそうです。

現在、無脊椎動物と「オクトパミン」の研究は進んでいて、無脊椎動物の行動や、行動の動機づけに関わっていることが確認されてきたようです。

イモムシに操られていたアリ

このイモムシはシジミチョウの幼虫で、甘い蜜をアリに与えることで、寄生バチなどの天敵から、アリに守ってもらう「アリとイモムシの共生」関係と考えられていました。

実際に、甘い蜜を求めてアリたちがイモムシの周りに集まり、寄生バチなどの天敵からイモムシをガードしていましたが、琉球大学の辻瑞樹(ペンネーム:和希)教授たちの研究チームは、次のことを明らかにしました。

シジミチョウの幼虫(イモムシ)は、「薬物」として作用する「蜜」をアリに与えることで、ドーパミン(神経伝達物質)でアリの行動を操作することを行っていた。

このことは、甘い蜜をもらったアリが、その対価として、蜜をくれた生物を守るという共生の関係から、シジミチョウのイモムシは一歩踏み出したということになります。

尚、アリとアブラムシとの共生の場合には、ドーパミンでアリを操っていないため、
下手をするとアブラムシがアリに食べられることもあります。

この研究の成果は、生物学全般を対象とした学術雑誌で影響度の高い米国の科学誌(Current Bioogy)に掲載されています。

まとめ

今回の2つのケースは、いずれも脳内の神経伝達物質関係の内容でした。
新事実が判ると、さらなる研究の進展が進むため歓迎しますが、生物の行動に影響を及ぼす内容は、何となく怖い面もありますね。

「働かないアリ」の脳内に多く存在した「オクトパミン」が、何故多くなったのかの究明にはとても興味があります。何かが作用して、この物質が増えてきたことが明らかになれば、その対策にも期待が膨らみます。