集団でコロニーを作って社会生活をする雑食性のアリは、昆虫たちにとっては恐ろしい生き物ですが、そんなアリの近くを選んで生活をする昆虫もいます。

このようにアリの社会と何らかの関係を持つ昆虫を、「好蟻性(こうぎせい)昆虫」と呼びます。

好蟻性(こうぎせい)昆虫は、全世界で、10目・100科以上もいると言われていますが、実態はあまり知られていないようです。

好蟻性(こうぎせい)昆虫にとっても、集団で攻撃をしてくるアリたちは、猛獣のような存在だと思います。
そんなアリたちの巣(コロニー)で同居して生活するために好蟻性(こうぎせい)昆虫は、どのような工夫をしているのでしょうか?

好蟻性昆虫たちがアリの巣の中で生活することを選んだ理由

一口に好蟻性(こうぎせい)昆虫と言っても、アリとの関係は様々で、緩いものからアリの社会にべったりしていないと生きていけないものまでいます。

そんな好蟻性(こうぎせい)昆虫たちのアリとの関わりも色々ですが、次のようなメリットが考えられます。

ともかく、小さな虫たちにとっては、アリは集団で生活している猛獣のようなものですから、アリの巣の中にいれば他の虫たちは近寄れません(つまり安全です)。

また、アリの巣には、食料も豊富にあるため、そのおこぼれを食べることもできます。

もっと極端な場合には、じっとしているアリの幼虫を食べることもできます。

このように、どうにかしてアリの巣の中に紛れ込んでしまえば、安全な住まいと豊富な食糧を手にいれることができるのです。これが、危険を冒してまでアリの巣の中での生活を選んだ好蟻性昆虫たちのメリットです。

好蟻性昆虫のタイプ

好蟻性(こうぎせい)昆虫には、次のようなタイプのものがいて、アリの社会に溶け込んで生活しています。

化学隠蔽(いんぺい)

アリは、多くの仲間のアリと社会生活をするため、フェロモンを出して情報交換をしています。同じ、巣のアリであることの証明も体の匂い(体表炭化水素成分)の違いで行っています。

ある種の好蟻性昆虫は、この体表炭素水素成分をアリから部分的に奪い取って自分の体に付着させることで、その巣のアリになりすますことをしています。
このような方法で対応する方法を「化学隠蔽(いんぺい)」と呼んでいます。

化学擬態(ぎたい)

「化学擬態(ぎたい)」は、体表炭素水素成分に似た物質を自分で作りだして、アリの巣の住民になりすます方法で対応している方法です。

まとめ

好蟻性昆虫たちが、危険なアリのコロニーで生活する理由は、アリの巣に紛れ込むことさえできれば、安全な住まいと豊富な食糧を手にいれることができるからでした。

但し、今回は触れませんでしたが、好蟻性昆虫たちのアリとの関係は、本当に様々なものがあって、もちつもたれつの関係から、アリの女王になりすまして、身の回りの世話をさせるだけでなく、アリの幼虫を食べてしまうものまで存在します。

とても興味深い内容のため、どこかで紹介する予定です。