そろそろ桜の花が咲く季節になってきました。
テレビ番組で、日本の桜の80%以上は、ソメイヨシノだと言っていました。ソメイヨシノは、エドヒガンと山桜のオオシマザクラの2つの品種を交配させてできた桜と言われていて、たった1本の木から増えていったものです。

ソメイヨシノは、葉よりも花を先に出す特徴を持っているエドヒガンと、大きな花びらを持っているオオシマザクラの良いところを併せ持ったクローンのため、接ぎ木という手法で全国に広がっていったのですが、何故、種子で増やすことをしないのでしょうか?

ソメイヨシノが、種子で増えることができない理由について調べてみました。

ソメイヨシノが種子をつけない理由

ソメイヨシノは、梨(二十世紀)やリンゴ(ふじ)等と同様に、「自家不和合性(ジカフワゴウセイ)」という性質を持っています。

自家不和合性は、自家授粉をしても花粉が発芽しないようにする遺伝的な性質のことです。(被子植物たちが、自分の花粉による受粉を防ぐもので、将来も繁栄し続けるための仕組み)

これは、私が何かの資料を読んだ時の記憶のため正確ではありませんが、
ソメイヨシノの場合は、自家授粉では、花粉管(花粉が付着すると伸びて、
卵まで到達するための管)が途中で伸びないで止まってしまうために受粉
できない結果を得たそうです。

このように、ソメイヨシノは自分の花粉を自分のメシベにつけても種子はできないような機構を備えていたのです。

ソメイヨシノが自家受粉では発芽しないことは判りましたが、例外的にソメイヨシノが種子をつけることもあるということを聞いたことがあります。
但し、これは、別の品種の花粉ついたものでした。(ソメイヨシノは育ちませんでした)

ソメイヨシノを人工授粉させれば種子はできるのか?

実は、自家不和合性という性質は、つぼみの時には持っていないそうです。そしてつぼみの時にも、メシベは受粉力を持っているため、人工授粉で対応すれば、ソメイヨシノの種を得ることは可能かもしれません。

但し、自家不和合性を持っているアブラナ科(キャベツ、大根、ブロッコリー等)について、種子を作りだした人工授粉の過程を見て驚きました。

細かい手間をかけるだけではなく、植物が一酸化炭素中毒を引き起こす寸前の状態を作って、苦し紛れに自家受粉しやすい環境を作り出すなどの実験から生まれています。

人工授粉を工夫することで、ソメイヨシノの種子を得ることはできるのかもしれませんが、それに費やす期間と費用は、目的にマッチするだけの価値があるのかどうか?

恐らく、このような理由から、簡単にソメイヨシノを増やすことのできる「接ぎ木」という手法で全国に広がっていったのだと思います。

まとめ

ソメイヨシノは、エドヒガンとオオシマザクラを交配させて作られた桜です。全国の桜の80%以上は、この1本のソメイヨシノのクローンと言われていますが、それらは、「接ぎ木」で広がっていきました。

ソメイヨシノは、1本だけから増えていったクローンで、しかも自分の花粉による受粉を防ぐ仕組みをもっているために、自然界ではソメイヨシノの種を作ることができなかったのです。

それならば、エドヒガンとオオシマザクラを新たに交配させて同じ桜を作れば良いと考えてしまいますが、全く同じ性質を持ったソメイヨシノはできないそうです。

それは、例えば同じ親から生まれた兄弟を連想すると判りますが、兄弟は、それぞれ違った個性を持つ個人で、

彼らの多くは、性格も姿も違います。(実感です)