ミイデラゴミムシは、オサムシ上科・ホソクビゴミムシ科の甲虫で、いわゆる「ヘッピリムシ」の代表として知られています。

ミイデラゴミムシ

大きさは、2㎝足らずの小さな昆虫ですが、土とゴミが混ざったようなところにいて、土を掘り返すと一目散に逃げ出す姿を度々見かけました。

私が子供の頃は、この虫の背中を指で押すと煙のような「おなら」をするため、「ヘッピリムシ」と呼んでいましたが、最近昆虫の本を見て、「おなら」は摂氏100℃もの高温のガスであることを知り、どのようにして、高温のガスを作り出しているのかを調べてみました。

高温のガスを作り出す体の仕組み

 もしも、ミイデラゴミムシの体内に100℃もの高温のガスがあったら、この昆虫は生きていられません。きっと、何かの化学物質を、「おなら」として噴出する直前に化学反応させるなどして作っているのだろうと思います。

書籍で調べてみると、やはり、

ミイデラゴミムシの腹部には、「ヒドロキノン(還元剤)」と「過酸化水素(酸化剤)」という化学物質を貯める袋があり、非常事態の時には、腹部先端の小さな部屋に、これらの化学物質を送り込んで酵素を反応(酸化還元反応)させて爆発を引き起こしていることが判りました。

この爆発反応では、水(実際には高温の水蒸気)と強烈な刺激臭のガス(ベンゾキノン)が作られて、「おなら」と認識されます。

ちょっと一休み(酸化還元反応とは?)

 酸化還元反応(さんかかんげんはんのう)は、酸化(物質が酸素と化合すること)と還元(酸素を失うこと)を合わせた言葉で、反応物から生成物が生じる化学反応の中で、原子やイオンもしくは、化合物間で電子を引き渡したりもらったりする反応のことを言います。

「ヘッピリムシ」がおならを噴出されるとどうなるの?

 私は、子供の頃「ヘッピリムシ」の背中を押して、「おなら」をさせて遊んでいましたが、火傷をした覚えはありません。

100℃のガス(おなら)は、一瞬の出来事ですから、人間の指に噴射しても火傷はしないでしょう。

但し、カエルがミイデラゴミムシを飲み込もうとして口を開けたところにガスを噴射されたら、カエルの口の中の粘膜は高温にさらされ、また、強烈な刺激臭のガス(ベンゾキノン)の洗礼を受けることになります。(想像しただけでもカワイソウ)

まとめ

 ミイデラゴミムシをPCで文字変換すると「三井寺」ごみむしになりますが、名前の由来は、三井寺円満院門跡(もんぜき))の鳥羽絵(とばえ)「放屁合戦」に由来していました。

この鳥羽絵(とばえ)は、略画体の戯画(ぎが)のことです(江戸時代の漫画とも言われるものです)。

この名前の由来を見ても「ミイデラゴミムシ」は、当時から滑稽の対象だったようです。

それにしても化学反応を利用して、「おなら」を逃げる時の武器にするとは驚きました。子供の頃は、ただの遊びの対象でしたが、私の中では、「ヘッピリムシ」に対する印象が大きく変わりました。