北アフリカのサハラ砂漠は、世界最大の面積の砂漠です。サハラ砂漠の気候は高温で乾燥していて日が照りつける日中には出歩けるような環境ではありません。

サバクアリは、そんな砂漠にすんでいますが、死んだ昆虫等を探すため、暑い日中に100mぐらい離れた場所まで遠征して、餌をとって巣に戻ることができます。

砂漠は、砂が波のように重なっていますが、波の形状は風で変化してしまいます。道標(みちしるべ)で付けた匂いも高温で揮発してしまう環境です。サバクの過酷な環境は、道を間違えたら死を招きます。

そんな過酷な環境にすんでいるサバクアリの方向認識の方法に興味を惹かれたため、サバクアリが巣に戻る方法を整理してみました。

サバクアリはどうやって目的地を見つけているの?

標識

高温で、乾燥している砂漠では、道を間違えたら大変です。ところが小さなアリにとっては、砂漠の砂はデコボコしていて小さな波のようにうねうねしています。とても遠くまで見通すことはできません。

しかも、風が吹くと砂山の形は変化してしまいます。

アリの餌探しは、あっちにふらふら、こっちにふらふらしながら探します。しかし、餌を見つけて巣に戻る時には、最短ルートで戻る必要があります。砂漠のような過酷な環境では、命にかかわるため余分な時間はありません。

最短ルートと言っても、小さなアリには全体を見渡すことなんてできません。どのようにして戻るルートを見つけているのでしょうか?

サバクアリの最短ルートの見つけ方

以前の記事「何故、アリは一直線に巣に戻れるのでしょう?」で紹介した内容を参照下さい。この記事では、餌を探し当てたアリが、最短ルートで巣に戻る方法を、「太陽コンパス(偏光パターン)+体内時計による補正+経路積算能力」で説明しています。

尚、経路積算能力とは、歩いた方向(角度)と距離を計算することで、現在位置を求める方法です。これは、記憶力と演算力が必要になるため、小さなアリの脳で、そんなことが可能なのかは不明です。

但し、サバクアリでは、足の長さを変えて実験した結果があります。この実験結果から、歩数で距離を認識しているのは、間違いないことを確認しています。

研究者たちは、サバクアリが行っている歩数と曲がった方向を演算して距離を求める方法は、何らかの簡易的な近似計算(手法)によるものと推定していますが、未だ発見されていません。

サバクアリの最短ルートの探し方

高温で乾燥している砂漠で、餌を見つけたら一目散に巣に戻ることのできるサバクアリのルート探索方法には敬服します。

サバクアリの巣の方向の決め方

アリの複眼は太陽光の偏光パターンをダイレクトに捉えることができるため天候に依存しないで太陽の位置(角度)を確認できます。そして体内時計で時間経過の補正(太陽の位置)をして、アリが向かう方向を決定します。

サバクアリの巣までの距離の決め方

サバクアリは、歩数と曲がった方向を演算して距離を求める手法を持っていると推定されています。(具体的なやり方は見つかっていません)

これ以外にも、砂漠内の低木や根、石などは貴重な目印です。もしも、目印があれば使うと思いますが、かなりの記憶力が求められます。

厳しい砂漠の環境では、道を間違えることは許されません。本当に不思議な世界ですが、恐らく「太陽コンパス(偏光パターン)+体内時計による補正+経路積算能力」で実現しているのでしょう。