カミキリムシは、大抵は害虫扱いされていて何とか撲滅させたい種の代表ですが、そんなカミキリムシの仲間に、環境省の絶滅危惧種に指定されたカミキリムシがいます。その多くは小笠原諸島に生息するものですが、北海道、本州、九州の一部地域に、細々と生存していて数年前に絶滅危惧種に指定されレッドリストに掲載された、フサヒゲルリカミキリがいます。

フサヒゲルリカミキリはどんな虫なの?

ユウスゲ

北海道、本州、九州等に生息していて、嫌われ者のカミキリムシの仲間なら、普通なら何とか撲滅させたいと思うはずです。どんな事情があるのでしょうか?

フサヒゲルリカミキリの特徴とは?

フサヒゲルリカミキリは、16mmぐらいの体長で、藍色(あいいろ)の体は金属のように鈍く光ります。そして、前に伸びた長い触覚は立派なヒゲのようで目立ちます。

やはり見た目もすっきりしていてすばらしい虫でした。
但し、フサヒゲルリカミキリの一番の特徴は、草原に生息していることです。
フサヒゲルリカミキリの成虫は、ユリ科のユウスゲの葉や花茎を食べ、幼虫はユウスゲの生茎や根を食べていて、樹木は食べません。

5月頃に蛹(さなぎ)になり、6月~8月にかけて成虫になって活動します。ユウスゲやショウブ等の開花時期に合わせて成虫になっていました。

このようにフサヒゲルリカミキリは、樹木に害を及ぼさない特殊なカミキリムシだったことも影響して保護活動の対象になったのでしょう。

フサヒゲルリカミキリの生息数が減ってしまった理由

日本は、元来、湿性草原が少ないところですからフサヒゲルリカミキリは、あまり生息していなかったようですが、草原環境は開発や造成で激減しました。

また、フサヒゲルリカミキリは、花が咲く大きなユウスゲのような草でないと食べないため、鹿による草類の食害が増えたことも影響して、生息数が減ったのでしょう。

フサヒゲルリカミキリの絶滅防止策はあるのでしょうか?

ニッコウキスゲ

フサヒゲルリカミキリは、採集で絶滅する危険があります。そのため、採集を防ぐ監視活動の強化や人工増殖の導入も必要と言われています。
そして、フサヒゲルリカミキリが食べるユウスゲの保全活動をして、生息環境を整えることも必要です。

フサヒゲルリカミキリの未来は?

フサヒゲルリカミキリは、ユウスゲ類などの草をたべるカミキリムシで、もともと日本では希少で特殊なカミキリムシでした。
そして、フサヒゲルリカミキリが食べるユウスゲやニッコウキスゲ等が生育する湿地地帯は近年減少に拍車がかかっています。

絶滅危惧種に指定されて保護活動が行われていますが、一度数が減ってしまったものを復活させるのは難しいでしょう。何とか保護指定の特別な湿地公園などでも良いので生きのびて欲しいと願っています。