飴に群がるアリ

アリは、植物の葉の上にもいますが、それは植物を食べにやって来る小さな虫を捕食するためです。
普通のアリは、虫や動物の肉、それにお菓子など何でも食べます。つまり雑食ですが、クロナガアリ属のアリは、穀物(こくもつ)のタネを主食にするアリです。当然、アリの仲間ではちょっと変わった異端児で、日本には1種だけ生息しています。

クロナガアリってどんなアリなの?

クロナガアリは、アリの仲間では中型~大型のサイズで体長は、3mm~12mmほどです。
外形はアシナガアリ属のアリと酷似していますが、頭部幅が広く、頭部下に長い毛があり、大あごは大きくてがっしりしています。(日本に生息する種では、頭部下の長い毛はありません)

クロナガアリは、90種ほどが知られていますが、多くはヨーロッパからアジアのユーラシア大陸に分布しています。その他、アフリカに12種、北アメリカ西部に8種、マダガスカルに1種が生息しています。

クロナガアリの生態

クロナガアリは、牧草地や道端などの広い場所に巣穴を開けています。一見すると巣穴も日本にいる普通のアリと変わりませんが、タネを巣に運び込むため、雨水の影響を受けにくい地中深くに穴(地中3~5メートル)を掘ってタネを保管しています。

しかも、巣の中に持ち込んだタネが発芽しないように湿度と温度が安定した環境になるように巣内の環境を整えています。

そして、働きアリが巣に持ち込んだタネは、巣内にいる別の働きアリによって、「カビなどが生えないように」、「直ぐに食べられるように」タネの皮をむいて整理して保管されます。

もちろん、主食のタネが腐らないように、衛生環境を保つためのゴミ捨て場を作って管理しています。これは、巣の中で菌を育てて餌にする「ハキリアリ」たちと同様です。

クロナガアリの活動時期

普通のアリは、真夏の暑い時期を中心にして餌を探して活発に動き回りますが、クロナガアリは、暑い夏の期間は殆ど外出しません。

クロナガアリは、植物のタネができる晩秋になると穀物を探しに巣からでてきます。また、冬を越したばかりの早春になると巣からでてきて、秋に拾い損ねたタネを探します。

つまり、クロナガアリは、普通のアリが嫌がるような寒い時期に外で活動する変わったアリです。真冬と、真夏の期間は、巣の中に貯蔵したタネを食べて過ごします。

クロナガアリはタネしか食べないの?

クロナガアリを飼育して、普通のアリが食べている虫の死骸や砂糖などだけを与えると、死んでしまうこともありますので注意して下さい。

クロナガアリはかなり変わったアリだった!

雑食性で昆虫たちに怖れられているアリの世界にも変わったアリはいました。それが、クロナガアリです。

クロナガアリは、雑食性ではなく、雑草などのタネを主食にしていて、肉や甘いものはたべません。
その上、暑い時期を避けて、晩秋や早春に巣から出てきて活発に餌(タネ)を探す特異なアリでした。