桜というと日本の春を思い浮かべます。特に最近は、海外からの観光客がお花見にやって来るというニュースも報道されていて、桜は日本の固有種だと思っていました。
ところが、桜はバラ科サクラ亜科サクラ属に分類されるもので、北半球の温帯地域に分布している植物でした。日本には桜の種類が多いことや、昔からお花見を楽しんでいたこと、さらに「ソメイヨシノ」という素晴らしい桜が全国に広がったことなどが影響して、お花見を日本人の文化として楽しむようになったことなどから、桜を日本の固有種のように錯覚していたようです。

今では、日本人の心の故郷のようになっている、お花見の歴史などについて紹介します。

お花見のルーツ

お花見

お花見のルーツは、貴族たちが梅の花を短歌などで読み、宴(うたげ)を楽しんだことから発展したものと、豊作を願った農民たちが行っていた神様に捧げる儀式が発展したものなどが合わさったものと言われています。

特に、農民たちにとっては、寒くて辛い冬が終わり春を告げる桜の花は、神様がおたち寄りになる依代(よりしろ)として崇められたことでしょう。
桜の木の根元に、お神酒(おみき)やお供え物の食材を置いて豊作を願いながら、春が来た喜びで、お祭りのような雰囲気に満ちていたことは想像できます。

桜の花見は、農民たちの豊作を願う儀式や、風情に満ちた貴族たちの花を愛でる慣習などが合わさったものと言われています。そして、8代将軍の吉宗が庶民向けの花見公園を造った頃から、一般庶民の楽しみとして広がっていきました。

そして、江戸時代の末期になった頃、江戸の染井村で植木職人によって交配して作られた「ソメイヨシノ」が爆発的に全国に広がったため、現在では、桜前線予報がテレビニュースで報道される程の国民的な民族文化行事になりました。

この「ソメイヨシノ」は、接ぎ木としてしか増やすことのできないクローン品種のため、同じ気候になる地域では一斉に咲いて、惜しまれながら一斉に散るという特徴を持っていたことも、人々の心を捉えて大切な季節行事として定着した一因でしょう。

現代人の心をつなぎとめる大切なお花見

現代社会は、大家族も少なくなり、会社の行事も面倒と感じてしまう時代です。アパートやマンション暮らしだけでなく、一戸建てでも隣近所との繋がりは少なくなっています。

そんな現在でも、桜の咲くお花見と聞いただけで、気持ちはワクワクしてきます。サラリーマンにとっては、会社の行事で唯一楽しめるものと言っても良いでしょう。

少し肌寒い時期に外で飲んだり食べたりして喜べるのは、昔の人々と同じように春を迎えて「新しい年を実りのあるものにしょう」というような期待感があるからでしょう。

お花見は、現在の日本人にとっても、人との繋がりや新しい環境に馴染むための大切な心の行事です。