ヤマユリってどんな花?

ヤマユリの花

毎日、暑い夏の日ばかりでうんざりしますが、実家に行った時のこと、渋滞で車が進まず、付近を見渡すと道路脇の土手の中腹辺りに、白くて大きなユリの花が咲いているのが見えました。

後で、それは「ヤマユリ」だと知りました。ユリの花は種類が多いことは知っていましたが、テッポウユリぐらいしか見たことがなかった私は、白くて大きな花びらが茎を中心にして10本近くも咲いているのには驚かされました。

調べてみると、「ヤマユリ」はユリの王様とも言える素晴らしいユリだそうです。

欧米の人々を魅了したヤマユリの花

古い話ですが、幕末の開国時に来日したイギリス人の園芸家は、日本に咲いているヤマユリの素晴らしさに驚いて、球根を持ち帰りました。その後、球根を持ち帰った園芸家は、1962年に開催したロンドンのフラワーショーに出品して大変好評を得たと言われています。

この時にロンドン大学の植物学者のリンドリー博士は、ヤマユリの花弁の中央に見られる金色の筋に注目して「黄金のユリ」と命名しています。それ以来、欧米ではヤマユリのことを「golden-lily」と呼んで盛んに栽培されています。

このように人気になったヤマユリは、明治初期になると、球根が大量に輸出されて外貨を稼ぎました。

ヤマユリの花の香りと食べられる球根

ヤマユリの花は、直立して1.5m程に伸びた茎に、直径20㎝以上の巨大な花が数輪から10数輪も咲き誇り、甘くてむせかえる程の強い香りを放ちます。

そして、ヤマユリの球根は、苦みが少ないため食用にされたため、「料理ユリ」とも呼ばれているほどです。

ユリの文化史

旧約聖書では、アダムの妻であるイヴが禁断の実を食べたことで、エデンの園を追われた時に流した涙から生まれたのが「ユリの花」です。日本では、初代神武天皇が大和の豪族の娘(姫)を、めとる話として登場します。古事記によると、姫は、ヤマユリが茂る山百合川の付近に住んでいたそうです。

このように古くから登場する、ユリの花は、何となくひかえめで質素ですが、気品のある、とてもあでやかなものを連想させてくれるのでしょう。

ヤマユリの花名の由来と各地の呼び名

ヤマユリの花名の由来は、次のように考えられています。
ユリの花は、長い茎に大きな花をつけているため、風に揺れやすいので「揺れる」から転じて「ユリ」と呼ばれていますが、ヤマユリは、山や林の斜面などに生えるためと言われています。

また、ヤマユリは地域によって呼び名が多数あります。次にその中の代表例を示します。

シラユリ

九州豊後の竹田市では、江戸時代に他地区から持ち帰ったのが野生化して「シラユリ」と呼ばれています。

ホウライジユリ

愛知県鳳来寺山に自生しているため、「ホウライジユリ」と呼ばれています。

エイザンユリ

比叡山に多く自生しているため、「エイザンユリ」と呼ばれています。

リョウリユリ

奈良県多武峰(とうのみね)付近では、「料理ユリ」から「リョウリユリ」と呼ぶようになったようです。

ヤマユリの花

ヤマユリは日本の固有種と言われるユリですが、花の素晴らしさだけでなく、古くから薬として利用され、また球根は食用として重宝されてきたようです。

ヤマユリの花を栽培してみたいと思ったこともありますが、それを想像すると、庭に咲いても似合いそうにありません。ヤマユリの花は、シックに見えて、ゴージャスで、高貴な品性を漂わせているからです。多分、堂々とした美しいヤマユリの花を前にしたら、近寄り難く感じてしまうからでしょう。

ヤマユリは、森の中の山林や草木の中に咲いているのが似合う花です。

尚、ヤマユリは神奈川県の県花だそうですが、明治時代の開国以降、横浜港から大量に欧米に輸出されたためかもしれません。