セミの生涯について

セミ

セミは成虫になって自由に飛び回れるのは、たったの7日間と言われてきました。そのため、セミの生涯は短いものの

の代表でした。

ところが成虫になる前のセミは、セミの種類によって違いますが、地面の中で数年~16年間も暮らしています。

人の感覚で言うと、地面の中の生活は牢獄のようなもので、穴から出て来て成虫になってからの数日間だけが、セミが楽しめる期間のように感じてしまうからでしょう。でも、セミはそんな風には考えていないかもしれません。次に、セミの生涯を大雑把に紹介します。

セミの一生

セミの産卵から成虫までの生涯を大雑把に紹介します。ただし、一般的なセミの生涯ですので、セミの種類で内容が異なることを承知して下さい。

セミの産卵

メスゼミは、木に卵を産み付けます。ただし、枯れ木や樹皮の裏などに産卵して生木には産みません。

生木に産まない理由

生木は生きているため、傷を治すようにして、親セミが産卵管で作った穴を修復してふさいでしまいます。そして、自力では穴を開けることができない孵化(ふか)したばかりのセミの幼虫は、木から抜け出すことが出来なくなります。そのため、メスゼミは、生木には産まないで枯れ木などに産卵するのです。

尚、親セミが産卵した枯れ木の枝などを観察すると、ささくれた所があるのでわかります。メスゼミは、一度に150~600個もの卵を産むため、産卵場所のささくれ跡は目立ちます。

孵化した幼虫の行動

孵化(ふか)した幼虫は、直ぐに産卵穴から抜け出して、地面に落ちます。そして、外敵に見つからないように一目散に地面に潜り込みます。

孵化する時期は、セミの種類で違っています。早い時期に出現する「ニイニイゼミ」や「ヒグラシ」は、その年の秋ごろに生まれ、「アブラゼミ」、「クマゼミ」、「ミンミンゼミ」、「ツクツクボウシ」などは、産卵した翌年の梅雨の時期に孵化(ふか)します。

幼虫は、地面に落下したら直ぐに地面にもぐりこまなければなりません。そのため、セミは、地面が柔らかくなる雨の多い時期を待って孵化(ふか)するのだそうです。

セミの幼虫時代

セミの幼虫は地面の中で木の根などから養分を得て、脱皮を繰り返しながら成長します。そして数年から15年~16年間もかけて、5回目の脱皮をすると、目が見えるようになって土から出て、成虫になる羽化(うか)をします。(日本のセミは、3年~6年程ですが、アメリカには15年~16年間も幼虫で過ごすセミがいます)

地面の中で過す幼虫の期間はセミの種類によって違っています。ツクツクボウシは3年程、アブラゼミは5年程と言われています。

尚、幼虫が暮らす穴は、深さ20㎝~70㎝程度の所に、狭い空間を作って生活しています。

5令のセミは、晴れた日の夕方に地面から出て来て、木や草などを数10㎝~100㎝ほど登ったところで羽化(うか)を始めます。そして、翌日の早朝までに十分に体を乾燥させてから飛び立ちます。

暗くなってから羽化(うか)するのは、天敵から身を守るためでしょう。

セミの成虫時代

セミは成虫になると木から木を飛び回って樹液を吸って過ごします。オスのセミは、樹液を吸う合間には殆ど鳴いて過ごします。まるで短い一生をエネルギーを爆発させながら謳歌しているように見えますが、成虫のセミには子孫を残すという大切な仕事があります。

オスのセミは、一生懸命鳴いてメスのセミを呼びよせて子孫を残して死んでいきます。成虫のセミの周りは外敵が多いことから、長生きすることは難しいでしょうが、寿命は1ヶ月程と言われています。

まとめ

セミの生涯を見てみると、成虫になって自由に空を飛び回れる期間は短いですが、意外に幼虫の期間は長いことが判ります。人から見ると、成虫になって飛び回れる期間だけがセミの人生のように感じてしまいますが、案外セミの幼虫も楽しんでいきているのかもしれません。

何故なら、地中の温度は比較的安定していて極端な環境の変化もありません。もちろん、地中にいても外敵はいますが、成虫になって、鳥やスズメバチ、アリなどから襲われる心配に比べれば、リスクは少ないでしょう。

地面の中の狭い空間で、植物の根からアミノ酸などの養分を飲んで、ゆっくりとした時間の流れの中で、空想や妄想する楽しみは無限でしょう。案外、セミの幼虫時代も快適かもしれません。