アリを利用して生活する生物

シロオビアリヅカコオロギの絵

アリは集団で組織的に暮らす生き物で、しかも大抵のアリは肉食のため、他の昆虫や虫たちからは、とても怖れられています。しかし、もしもアリに気づかれずにアリの巣の中で暮らすことができたら、他の外敵の襲撃は無くなり、その上、アリが貯蔵したエサも豊富にあるため楽に生活できます。

実は、アリの巣の中に潜んで生活している生物は「好蟻性生物(こうぎせいせいぶつ)」と呼ばれていて、思っている以上に多く存在します。そんな生物の中の「シロオビアリヅカコオロギ」について紹介します。

シロオビアリヅカコオロギとは?

シロオビアリヅカコオロギは、沖縄県よりも南の南西諸島に分布するとても小さなコオロギです。大きさは、2.5mm~2.8mm程のサイズで胴体に1本の薄茶色の帯をまいているような姿をして、とても俊敏に動き回ります。ゴキブリの子供を見たことのある人は、たぶんゴキブリと勘違いしてしまうでしょう。

何故アリの巣の中で暮らすの?

シロオビアリヅカコオロギは、翅も退化してしまい飛ぶこともできません。多分、自分で獲物を捕獲することができないため、エサが豊富にあるアリの巣で生活しているのだと思います。シロオビアリヅカコオロギは、この地域に生息する「アシナガキアリ」の巣に侵入して同居しています。

シロオビアリヅカコオロギは、アシナガキアリの中で、アリといっしょにアリの卵を運ぶなどの仕事をするため、アリから口移しでエサをもらって生活していますが、隙をみつけて、アリの卵などを食べています。

そんな酷いことをするシロオビアリヅカコオロギの存在を、何故アシナガキアリは気が付かないのでしょうか。

何故アリはコオロギに気が付かないの?

アリは、暗い所で生活するため、目は殆ど退化しています。そのため、匂いで敵味方を区別しています。

シロオビアリヅカコオロギは、アリの巣に侵入すると直ぐに働きアリから攻撃されますが、アリが突進してくると、特殊なセンサーでアリを察知してアリの攻撃をかわします。この時、動きの素早いシロオビアリヅカコオロギは、アリの背後に回り込んでアリの体をなめて、アリの匂いを口内に溜め込みます。

その後、アリの匂いを前脚に付着させ、さらに自分の体中に塗り付けます。このような行動を数日間繰り返すとコオロギの体の匂いはアリと同じになるため、アリは、コオロギを仲間のアリと勘違いしてしまいます。

アリを察知するコオロギのセンサーとは?

コオロギのセンサーは、おしりにあります。このセンサーは直線のアンテナのようなものが左右に1本ずつ立っていて、細かい産毛のような「感覚毛」が生えています。

この感覚毛は、空気の僅かな振動をキャッチすることができる優れたセンサーです。そのため、攻撃してくるアリの動きを素早く察知して、攻撃をかわすことができるのでしょう。

アリの巣で生きるコオロギの生活

アリの巣の中で暮らす「好蟻性生物(こうぎせいせいぶつ)」には数多くの生き物がいると言われています。シロオビアリヅカコオロギもその中の1つです。

現実に存在する、このコオロギは、アリとキリギリスのイソップ物語の関係を上回っていて、一見すると、アリを騙してアリの卵なども食べてしまう、ずるい生き物のようですが、もしもアリに気づかれてしまえば、あっという間にアリに殺されてしまうでしょう。

時々、昆虫の世界は気軽でいいなと考えることもありましたが、細かく調べてみると一触即発の世界でした。