ウソという変わった名前を持っている小鳥

ウソという小鳥の写真

ウソという小鳥の写真

ウソは、スズメよりも少しだけ大きくて、暑さに弱い小鳥です。ヨーロッパの温帯から亜寒帯地域に広く分布していて、日本では涼しい2000メートル以上の亜高山帯の針葉樹木に生息していますが、冬になると低山に降りてきて、どこでも見ることができます。

比較的とっつきにくい性格で、おとなしくて目立たない愛すべき小鳥ですが、「ウソ」という名前が気になります。そんな「ウソ」について調べてみました。

ウソというのはどんな鳥なの?

ウソのオスは、くちばしの周りから後頭部、および翼と尾の部分は黒色ですが、頬から喉元は紅色、背中は濃灰色、腹部は灰色、さらに腰からお尻の羽は白色です。このように、とてもカラフルな小鳥です。

ただし、メスはベージュ色の地味な色をしています。

日本のウソは、亜高山針葉樹林や北海道のカラマツ林で繁殖して、冬になると全国の平地や林で見ることができます。

ウソの卵と巣立ち

ウソは、細い枝などを集めて、葉で覆われた見えにくいところに巣を作ります。巣には、苔(こけ)や地衣類などを敷いて、薄青色で赤茶の斑点が入っている卵を、4〜6個産みます。

約2週間抱卵すると、ヒナが出て来て、親鳥が運んでくれた種子や昆虫を食べて成長します。

ヒナの巣立ちは、羽化後2週間程ですが、巣立ちの時には、2~3羽ずつでグループになって飛び立ちます。

ウソのエサ

ウソのエサは、針葉樹や広葉樹の種子や、果樹の芽で、数羽で飛来して木の枝にとまって芽や実をついばみます。

ウソの鳴き声

ウソは、オスだけでなく、メスも鳴く珍しい鳥です。

フィヨフィヨ、フィーフィーなどと口笛を吹くように、少しもの悲しく、綺麗で、響き渡る声で鳴きます。

ウソの性格

ウソという鳥は、目立つのが嫌で、おとなしくて、おっとりしていて、テリトリーに別のウソが入ってきても、攻撃を仕掛けることなどはしない温和な性格の小鳥です。

ウソの名前の由来は?

鎌倉時代には、既にウソと呼ばれていました。漢字では、「鷽」または、「嘯(うそぶく)」と記載します。当時の「嘯(うそぶく)」という意味は、「口笛を吹く」ことを現しています。

このことから、「口笛を吹くようにさえずる鳥」という意味で、「ウソ」と呼ばれるようになったと言われています。

江戸時代から始まった鷽替の神事とは?

いつの時代もそうですが、「不運なことが続くと、早くこの状態を終わらせて平穏な日々の生活に戻りたい」と願います。

「鷽替(うそがえ)の神事」は、そんな人々の願いから生まれたもので、江戸時代の太宰府天満宮で始まりました。

「鷽替(うそがえ)の神事」は、旧暦の正月(7日)に参詣者たちによって行われた行事が始まりとされています。

それは、鳥のウソを模して掘った木片を持ち寄って、お互いに、こっそりと交換することでした。そうすることで、「ウソを替える」ことになって、「除災招福」を願ったのです。

「鷽替(うそがえ)の神事」にウソが選ばれた理由

ウソという小鳥が「鷽替(うそがえ)の神事」に選ばれたのは、「不運なこと」や「間違ってしまったこと」などを「なかったことにしてもらう」、つまり「ウソということにしてもらう」ということで、小鳥の「ウソ」という名前から使われたようです。

まとめ

ウソという名前は、鳥の鳴き声が口笛のような響きを持っていたため、「口笛を吹く」=「嘯(うそぶく)」から転じて「ウソ」と呼ばれるようになりました。

また、ウソという鳥は江戸時代から「除災招福」にも使われて大切に扱われていました。

これは、おっとりとした仕草や、口笛のような声質を聞いて、とても可愛い小鳥だと感じたことも影響しているのだと思います。