警戒心を解いてしまったスズメたち

スズメの写真

スズメの写真

スズメはカラスと共に、人とのつながりが深くて、常に身近いる鳥です。しかし、日本のスズメは、ヨーロッパのイエスズメと違って、人への警戒心が強く、きっちりとした距離感を保っていました。

その理由は、農耕社会の日本では、イネを食べるスズメは、人から追い払われる存在だったことによるのでしょう。ところが、ある時期から都市部を中心に、「手乗りスズメ」が目撃されるようになりました。

今回は、「手乗りスズメ」出現の歴史と、良い点・悪い点についてまとめてみました。

手乗りスズメの歴史

ヨーロッパなどでは、古くから公園などにいくと、小鳥が人に寄って来るのが普通でした。
そんな小鳥たちを見ると、羨ましいと感じていましたが、何時の頃からか日本でも、「手乗りスズメ」の話題が出てきました。「手乗りスズメ」とは、人の手の平の上でエサをついばむ野生のスズメです。

日本の手乗りスズメの歴史

日本の「手乗りスズメ」の記録には次のようなものがあります。

1994年  横浜市中区の横浜公園で「手乗りスズメ」出現
2005年  東京都渋谷区の明治神宮や、上野の不忍池付近に「人慣れスズメ」出現。この、「人慣れスズメ」は、
人に近寄ってくるスズメのことで、「手乗りスズメ」ではありません。
2007年  和歌山県の南紀白浜、大阪市の花博記念公園鶴見緑地、そして東京都のお台場や北の丸公園に「手乗りスズメ」が出現しています。
2008年  東京日本橋のデパート屋上で、「人慣れスズメ」が出現しています。

そして、2009年以降は、東京、兵庫、千葉、大阪、横浜の公園などで多くの「手乗りスズメ」が目撃されています。

手乗りスズメが現れた理由

「手乗りスズメ」が出現する場所は、都会の公園などです。日本で「手乗りスズメ」が出現するようになった理由をかってに推定すると、次のようなことが思い浮かびます。

1. 高度成長期や、バブル期を経て、低成長期に入りしましたが、成熟した日本社会では、高齢化社会をむかえて、公園でゆっくり時間を過ごす人々が増えてきました。そのため、気持ちに余裕がある人々が、スズメにエサをやるようになったのではないでしょうか。

2. 旅行者の経験や、テレビなどの映像をみることで、小鳥と仲良くする欧米の人々の影響を受けて、スズメにエサをやるようになったのではないでしょうか。

手乗りスズメの出現によるメリットとデメリット

「手乗りスズメ」の日本での出現は、良い点ばかりではありません。次に、メリットとデメリットを紹介します。

良い点

「手乗りスズメ」が増えて、良い点は、人々の心に余裕が生まれて来たと思われる点です。そして、人とスズメとの接点がもてれば、人々にとっても癒される気持ちが高まるのではないでしょうか。

悪い点

「手乗りスズメ」が増えるのは、スズメ達の人への警戒心が薄くなったことを示しています。すると、ますます、スズメの人への依存度は高くなってしまうでしょう。

現在、スズメの生息数は大幅に減少したと言われていて、その原因は、判っていませんが、人に依存し過ぎたため、人々の生活様式が変化して棲み家を失ったのではないかとも言われています。

このような状況の中で、スズメ達の人への警戒心が薄くなると、ますますスズメの減少化が進行してしまう懸念があります。

まとめ

「手乗りスズメ」と聞くと、微笑ましい感じがしますが、人との依存度が高くなり過ぎるのは、スズメにとって良くないようです。

ヨーロッパに生息しているイエスズメは、日本のスズメと違い、人の民家周辺だけにいるのではなく、森や林に巣を作るそうです。そのため、人の生活環境が変わってきても、イエスズメへの影響はないのでしょう。

スズメの生活様式は変えられませんが、お互いの距離感を保つことは必要のようです。