いつの間にか姿を消したスズメたち

スズメの写真

スズメの写真


古くから日本人は、スズメを最も身近な鳥と感じていて、親しみ深い昔話の主役としての登場や、鳥のサイズを言い表すのにスズメとの比較で表現するほどでした。

しかし、最近は、スズメを見なくなったという声を聞きます。自分の周りを見回しても、チュン、チュンと飛び跳ねながら、仲間と遊んでいるスズメたちを見かけることは減ってきました。

スズメが、減少してしまった理由は、さまざまな説がありますが、その理由についてまとめてみました。

 

何故スズメは人の近くで生活するの?

日本のスズメは、森や林の奥深くにはいません。昔から、スズメたちは人々の生活圏で生きてきました。それは、スズメを襲うヘビやイタチ、猛禽類のような天敵が人を恐れて、人の近くには寄って来ないことを利用しているからでしょう。

日本のスズメと人との関係

かつてのスズメは、田んぼで農家のイネの種子を食べるため、案山子(かかし)などで追い払われていました。ただし、繁殖期になると、スズメは、害虫を食べてくれます。そのため、農家の人も半分目をつぶって接していて、スズメを極端に嫌うことはしませんでした。(スズメとは適度な距離感を保っていたようです)

例えば、家の軒先などにスズメが巣を作っても、子スズメの巣立ち待ってから巣を廃棄するなどの配慮がありました。

 

日本のスズメが減ってしまった理由

日本のスズメが減ってしまったのは、次に紹介するように、人間の生活様式が大幅に変わってしまったためではないでしょうか。

人の生活様式の変化とスズメの生活環境の悪化

日本では、開発が進んで田畑が減ってしまいました。そうすると、雛(ひな)のエサになる虫も減少し、それに加えて、農業機械の導入が進んだため、地面にこぼれる穀類は少なくなってしまいました。このようなことから、スズメの食料事情は急速に悪化してしまいました。

また、開発の進行に合わせて、プレハブ住宅化が進んで、全く隙間のない規格住宅が増えてしまいました。このプレハブ化に歩調を合わせるように、従来の日本住宅も密閉性が高いものに改良されたため、スズメが巣を作るスペースが減ってしまいました。

つまり、スズメにとっては「深刻な食料不足」と「棲み家の減少」の2つが生息環境の悪化を引き起こした要因でしょう。そのため、従来のスズメの雛の数が(3羽〜5羽)だったのに対して、都市部のスズメの雛の数は(1羽〜2羽)と少なくなってしまいました。

 

人に依存し過ぎてしまったスズメたち

スズメは、人が住まなくなった空き家には入り込みません。その理由は、人がいないと外敵も棲みこんでしまう可能性があるからでしょう。

これ程までに、人間の生活に依存してしまったスズメたちは、日本人の人口減少が進む中で、ますます減ってしまうことが予測されます。

日本人にとっては、古くから最も身近にいる鳥の代表であるスズメが見られなくなってしまう可能性もあります。

スズメの数の減少理由を考えたことで、生物が長く生存するには、多様化という特性が必要だということを改めて感じてしまいました。

 

そういう意味では、日本のスズメたちは、人に依存し過ぎてしまったのかもしれません。