巨大なアリ塚

北海道の石狩浜にはエゾアカヤマアリの巣が、10km以上も結合して連なっていて世界中のアリ学者から注目された場所があって、2000年までは、世界最大とされていました。(2000年頃になると、南ヨーロッパでアルゼンチンアリのスーパーコロニーが多数発見され、2004年にはオーストラリアのメルボルン近くで約100kmにも渡るスーパーコロニーが発見されています。)

石狩浜のスーパーコロニーは、地下通路で連結された、およそ4万5,000巣で形成されていました。しかし、アリは同種のアリでも巣が異なれば敵対関係が生まれます。

何故、スーパーコロニーでは、異なる巣のアリが融合できるのでしょうか。以下にアリの研究者たちによって解明された、スーパーコロニーが形成された理由を紹介します。

塚を作るアリ

調べてみると、塚を作るアリは主に北の地域に棲むアリでした。テレビなどで報道されるアリ塚はオーストラリアやアフリカのものが紹介されていますが、そのほとんどは、シロアリが作ったもので、アリ塚ではありません。(ハキリアリの塚は南の地域にもあります)

アリ塚を作るアリは、標高が高い所や、高緯度地域の涼しい所に生息するアリたちです。彼らはヤマアリで、ヨーロッパの森林の中や、ロシアでは頻繁にみることができます。日本のエゾアカヤマアリも塚を作るアリで、北海道や本州の高原地域に棲んでいます。

塚のサイズはさまざまで、直径・高さが1mを超すものはざらに見られます。塚の素材は、枯れ葉や落葉が主なもので、小山状に作られます。

アリ塚の地中には、空洞や坑道のような穴の道があって、巣部屋で卵・幼虫・繭(まゆ)を育てています。

塚を作る理由

アリ塚を作るアリは涼しい地域に生息していて、アリ塚の内部は、次のような環境になっています。

  • アリ塚の内部は程よい湿度に保たれている
  • アリ塚の内部は太陽の熱を蓄える

このことから、アリ塚を作る理由は、比較的寒冷地に棲むアリが、快適に過ごすための工夫から生まれたのではないでしょうか。

巨大アリ塚のアリたちが仲良しの理由

アリ塚を作るヤマアリは、攻撃的な性質を持っています。この理由は、小山状のアリ塚が目立つため、敵から頻繁に攻撃されるためでしょう。

しかし、スーパーコロニーは複数の巣がつながって作られたものです。アリは同じ種でも巣が違うと外敵として攻撃し合います。それでは、複数の巣がつながって作られた巨大アリ塚のアリたちは、お互いを仲間として認識しているのでしょうか。

仲間意識の仕組み

一般的なアリの社会では、敵・味方の識別に特別な化学感覚が重要な役目を担ってきましたが、スーパーコロニーのアリたちは、お互いが似通った匂いを身につけていて、化学感覚による識別が鈍っていることが判ったそうです。

この似通った匂いをしたもの同士には、団結力を発揮するように作用し、異種のものに対しては、極端な排撃性をもつように作用していることを、研究者たちが明らかにしました。

まとめ

アリの研究者たちの研究成果をまとめて、巨大アリ塚を作る理由や、別の巣を繋げてスーパーコロニーが形成される理由を知ることが出来ました。

今までは、同種のアリでも巣が違うと、敵として認識してしまうという風にしか考えていませんでしたが、スーパーコロニーのアリは、似通った匂いを身につけることで同じ仲間という認識に変えていることを知りました。

人の社会もちょっとした何かをきっかけにして、敵・味方を仲間と考えられるようになれれば泥沼の紛争も、解決するだろうと、考えてしまいました。