秋になると葉っぱの色が変わるのは何故だろう

イチョウの写真

イチョウの写真

紅葉の季節になると、イチョウの葉は、目に眩しいほどの黄色になります。この現象は、秋が深まって太陽の光が少なくなってきて、光合成に使うエネルギー効率が悪くなるため、光合成を止めて葉を落とす準備をするからだと言われています。

しかし、イチョウの葉は、秋の終わりの頃になると、どうして黄色の葉っぱになるのでしょうか。この仕組みについてまとめてみました。

落葉樹が冬になると葉を落とす理由は?

葉の付け根部には「離層(りそう)」という層があって、その中には細い管が通っています。この細い管を通して、樹木から葉へ水分を運び、葉からは光合成で作られた糖が樹木へ送られます。

光合成が盛んに行われる夏期には、大量の糖が作られています。そして、秋も深まると「離層(りそう)」が膨れて、その中の細い管はつぶれ、水の流れは止まってしまいます。水が葉に供給されなくなると、光合成は出来なくなって、葉はやがて落ちてしまいます。

これが、落葉樹が冬になると葉を落とす理由です。おそらく、太陽光線が弱くなってくると光合成の効率が悪くなるため、水を止めて、葉を落とす仕組みが働くのでしょう。

イチョウの葉が黄色になる理由は?

イチョウの葉の中の葉緑体には、黄色の色素(カロチノイド)と緑色の色素(クロロフィル)がありますが、秋になって葉を落とす準備をすると、樹木は、葉に残っている栄養分を回収しようとします。

葉を落とす準備の過程で、光合成をする緑色の色素(クロロフィル)は分解して無くなってしまいますが、黄色の色素は安定していて葉に残されます。そのため、黄色の色素(カロチノイド)が目だってきて、あざやかな黄色になるのです。

しかし、人の目に見える色は、光の反射を見ているといわれています。以上の説明は、判りやすいように簡略化されています。次に、もう少し詳しく紹介します。

黄色に見える理由

イチョウの葉が黄色に見えるのは、黄色の色素が目だってきたためと紹介しましたが、さらに詳しく説明すると、次のような仕組みになります。

まず、黄葉していないイチョウの葉の中には、カロチノイドとクロロフィルがあるため、太陽光線があたるとカロチノイドは光からエネルギーを吸収してクロロフィルに運びます。

クロロフィルは光合成をするため、赤色・青緑色・青色の光を吸収してしまいます。そのため、葉に残された緑色の光を反射します。すると、人の目に見える葉の色は緑色になります。

次に、イチョウの葉が黄葉した時には、クロロフィルは分解して無くなっているため、カロチノイドだけが残っています。カロチノイドは、青緑色と青色の光を吸収しますが、赤色と赤味の緑色を反射します。

したがって、イチョウの葉は、赤色と赤味の緑色を合成した「黄色」になります。

まとめ

太陽の光が弱くなると光合成のシステムが維持できなくなって、不要になった葉っぱを落とするための準備をします。

イチョウの葉が黄色に見える理由は、葉を落とす準備の過程で、クロロフィルが分解して無くなるために、カロチノイドが反射した赤色と赤味の緑色の合成色である黄色が見えるようになるということです。