サギソウを知りたい

サギソウの写真

サギソウの写真

サギソウの花は、眩(まばゆ)いような白い花で、真っ白な鳥が羽ばたいているようにしかみえません。実際にはシラサギと言う名前の鳥はいないようですが、サギソウの花は、白いシラサギが飛んでいるようです。

サギソウは、真夏の暑い時期に、日当たりの良い湿地帯などで涼しそうに咲いています。そんな野生のサギソウをはじめて見た時には、こんな形の花が自然界で作られたことを疑った程です。

もう、サギソウの季節は過ぎてしまいましたが、猛暑が過ぎ去ると、サギソウのことをもっと知りたくなりました。

 

動けないのに他の湿地帯で子孫を繁栄する理由

サギソウは、草丈20㎝〜40㎝ほどの大きさで、まっすぐに伸びた茎の先に、3㎝程の花を1輪〜5輪ぐらいつけて咲きます。花の形は、唇弁(しんべん)の先が3つに割れていて、左右の裂片には、鳥の風切り羽のようなギザギザした切れ込みがあります。

その切れ込みの花の形は、白いサギが羽をバタバタさせて飛び交っている姿のようです。

サギソウは湿地性の多年草ですが、どのようにして翌年も咲くのでしょうか。また、動くことのできないサギソウは、どんな方法で他の湿地帯で子孫を繁栄させているのでしょう。

サギソウの子孫の残し方

サギソウは、ラン科の耐寒性球根で、地下茎を伸ばして球根が越冬します。そして4月下旬ごろになるとその球根から発芽します。

このように、同じ湿地で生き延びるには地下茎を伸ばして球根を越冬させることで対応しますが、他の離れた湿地でも子孫を残すことを考えないと、環境変化などで絶滅してしまうかもしれません。

その対応のために、サギソウは、花粉媒介の「ガ」を選んだのでしょう。しかし、何故、「ガ」が選ばれたのでしょうか。

花粉媒介に「ガ」を選んだ理由は?

サギソウの花の香りは、殆どありませんが、夜になると少し香るようです。これは、花粉媒介をしてくれる夜行性のスズメガ科昆虫の「ガ」のためでしょう。また、花の色が白色の理由も、夜行性の「ガ」が探しやすいようにしているのでしょう。

では、何故「ガ」が選ばれたのでしょうか。「ガ」にはそれ程の優位性があるのでしょうか。

『選ばれた「ガ」の能力』
サギソウは湿地で生息するため、他の湿地で子孫を残したいと願っています。ところが、他の湿地までの距離は離れていて、簡単にはできません。そのため、遠方の湿地に素早く行って花粉を媒介してくれる昆虫などを求めています。

「ガ」の成虫は、活動性が高くて、多くの蜜を探すため、距離の離れた多くの花を高速飛行で訪問してくれます。サギソウが「ガ」を花粉媒介者に選んだ理由は、このような「ガ」が持っている能力を活用したいと考えたのでしょう。

サギソウの分布

サギソウは、本州、四国と九州などの平地の湿地に広く分布していて、半世紀程前には東京近郊の湿地でも見られた程ですが、開発に追われて自生地が少なくなってしまいました。

現在は、環境省のレッドリストの準絶滅危惧種に指定されています。

まとめ

サギソウは、平地の湿地に分布している多年草です。球根で冬越できますが、子孫を残すためには他の湿地への進出も必要です。そのために、遠方の湿地にも短時間で行くことのできる「ガ」を花粉媒介のパートナーに選んだようです。

サギソウを調べてみて驚いた事は、植物たちの弱点である生息地の移動という難題も、長い時間スパンの中で戦略的に対応しようとしているように感じられたことです。

眩(まばゆ)くて、白いサギが飛んでいるように見えるサギソウは、その美しさで人々を喜ばせるだけではなく、仲間たちの生き残りをかけたすごい戦略家でした。