古生代の巨大トンボの研究

トンボの写真

トンボの写真

巨大トンボの生態を研究しているフランスのソルボンヌ大学の研究グループは、化石の研究結果から、古生代の巨大トンボは、360度を見回す大きな複眼と獲物を捕獲する発達した前足と顎(あご)を持っていて、現在の猛禽類(もうきんるい)のように大空から舞い降りて獲物に襲いかかる狩りをしていたという論文を発表しています。

久しぶりに、夢の世界にいるように古代の地球のことや巨大トンボのことを想像してしまいました。今回は、地球の地質年代と、巨大トンボの研究のことなどを簡単に整理して紹介することにします。

地球の地質年代

巨大トンボは、どうしても古い地球の歴史とリンクしてしまいます。まず、大雑把な地球の地質年代について紹介します。

地質年代と昆虫の祖先の年代

地質年代を大きなくくりで言うと、「先カンブリア時代(約40臆〜約5臆4,100万年前)」、「古生代(約5臆4,100万年前〜約2億5,190万年前)」、「中生代(約2億5,190万年前〜約6,600万年前)」、「新生代(約6,600万年前〜現在)」に分けられています。

この中で、古代昆虫に関連する古生代の中を分類すると、「カンブリア紀(約5臆4,100万年前〜約4億8,540万年前)」、「オルドビス紀(約4億8,540万年前〜約4億4,380万年前)」、「シルル紀(約4億4,380万年前〜約4億1,920万年前)」、「デボン紀(約4億1,920万年前〜約3億5,890万年前)」、「石炭紀(約3億5,890万年前〜約2億9,890万年前)」、「ペルム紀(約2億9,890万年前〜約2億5,190万年前)」と言われています。

このような地質年代の中で、生物が海から陸上に進出したのは「石炭紀」で、「石炭紀」から「ぺルム紀」は、昆虫の祖先の節足動物が繁栄した時代です。

ただし、最も古い昆虫の祖先は、約4億8,000万年前に出現していて、先カンブリア時代には節足動物の祖先は既に生まれていたと考えられています。

巨大トンボの研究

トンボは、肉食で強そうで、空をゆうゆうと飛ぶ姿などからとても人気がある昆虫です。そんなトンボが、とても大きいと聞くとそれだけでワクワクしてしまいそうですが、古代の最も巨大なトンボは「メガネウロプシス・ペルミアナ」と呼ばれるもので、ペルム紀前期に生息していたと考えられています。

古代トンボの化石発見の歴史

1880年にフランス中部(コメントリー)の炭鉱で古代の巨大トンボの化石が発見され、1885年には、「メガネウラ」と名付けられています。この「メガネウラ」は、トンボの翅(はね)に通っている「中空のすじ」を表す翅脈(しみゃく)を意味しています。

フランスと同様に、米国のカンザス州からオクラホマ州のペルム紀前期の地層からも古生代の巨大な昆虫の化石が多数発見されています。
1937年にカンザス州エルモで発掘された化石は、片方の翅長が33㎝(全幅71㎝)もあって、全長43㎝の巨大トンボでした。これは、1939年に「メガネウロプシス・ペルミアナ」と認定されています。

古代トンボ研究の経緯

古生代の巨大トンボの研究は、現在のトンボやカゲロウ、カワゲラと比較されることや、フランスで発見された「メガネウラ」と米国で発見された「メガネウロプシス・ペルミアナ」が混同されていて、祖先の分類などで議論が続いています。

このような状況のため、まだ化石昆虫全体の分類も初期段階のようですが、今回、フランスのソルボンヌ大学などの研究グループが発表した、巨大トンボの生態についての論文は、現実に忙殺されそうな頃に夢見た、古代のロマンの世界を呼び戻してくれました。

まとめ

古代と聞くだけで、何故か心がウキウキするのは私だけでしょうか。現実ではないけれど、過去の時代には存在した恐竜や巨大昆虫のことを空想すると、夢のような感覚になれます。

実社会は、忙しくてそれどころじゃないと考える人も、たまには古代の世界にどっぷりつかってみてください。人の生きている時は、瞬きのようなものと感じられると思います。