どこでも生えるドクダミ

ドクダミの写真

ドクダミの写真

暑い夏が終わって、庭の草取りをすると、必ず生えているのはドクダミです。毎年、茎を引っ張って抜いていますが途中で切れてしまい、根はしっかり残っているからです。

我が家の敷地のブロックの内側あたりには、必ずドクダミが集団で生えていて、もう疲れて握力が弱った手で抜くのが精いっぱいの状態で、最後の力を振り絞りますが簡単ではありません。

長く伸びたドクダミの茎は3mm程の太さですが、一度に数茎をつかむためか、とても強靭です。しかし、最後にはプツンと茎が途中で切れてしまいます。決して、根を引き抜くことはできません。

これは、ドクダミの戦略でしょうか。ちょっと調べたくなりました。

ドクダミとはどんな植物なの?

草取りと格闘して、シャワーを浴びてから、ドクダミという植物のことを調べてみました。図書館で借りた本によると、ドクダミは本州・四国・九州・沖縄、台湾、中国に分布する多年草と書かれています。どうやら北海道を除いた日本近辺に繁殖しているらしいということは判りました。

そして、ドクダミは日本の3大民間薬の1つで、便秘、高血圧、動脈硬化の予防や、生の葉を傷口やオデキに貼っても効果があると書かれています。確かに、草取りをしている時から強烈なにおいを漂わせていました。効き目はありそうです。

ドクダミのサイズは、10㎝〜50㎝で茎を中心にして短い柄だの先にハート型の少し汚れたような濃い緑色の葉を付けています。

ドクダミの花

ドクダミには白い花が咲いていたと思いますが、それは花ではなくて、総苞片(そうほうへん)でした。ドクダミの花は、総苞片の中心から伸びている円柱状の黄色や黄緑の部分で、小さな花が集まっています。

ドクダミの根はどうなっているの?

ドクダミの根は地下茎を伸ばして増殖していました。そのため、集団で生えてきたのです。根は、ドクダミが小さいうちなら取り去ることも可能ですが、大きくなったドクダミは、40㎝ぐらいの深さで根っこを広げて20メートルにもなるそうです。

こんなに成長したら、もはや抜きとることは難しくなります。しかも、根の地下茎が少しでも残っていると、そこから生えてくるそうです。

これが、毎年、しつこく生えてくる理由でした。考えてみればすごい生命力です。

まとめ

庭に生えてくるドクダミは、雑草です。草取りの時には、いつもうっとうしく感じてしまいますが、何となく憎めない植物です。その理由は、ゲンノショウコ、センブリとともに日本の3大民間薬と言われているため、気持ちのどこかに、ドクダミがあると安心感が生まれるためかもしれません。

しかし、それだけではなくて、ドクダミの葉っぱが少し暗めの緑色をして裏庭のような少し日陰に出てくる植物ということもあります。派手さがなくて、しぶとく生える姿勢が好きです。

それともう一つ、ドクダミが集団で生えてくると、他の雑草が少なくなるということも理由の一つです。嫌いな草取りの時に、いかにも草ですというように地表に生えてくる雑草は取るのが面倒だからです。

ドクダミは茎が長くて、まとまって生えているため、両手の平でいっぺんにつかんで引っ張ることができます。確かに力は使いますが、ドクダミをとると達成感がわいてきます。

今は、ドクダミのことがだんだん好きになってきたような気がしています。天ぷらにして食べることも出来るようなので、機会をみつけて対応してみようと思います。