日本人にとって特別の存在だったハクチョウ

白鳥の写真

白鳥の写真

秋が深まった頃になると毎年やってきて、春に飛び去ることを繰り返す渡り鳥の中でも、白くて大きなハクチョウは、カモなどをタンパク源としていた古代人にとっても特別な存在だったようです。

ハクチョウは、死者の魂そのものという考えや、死者の魂を運ぶ存在として「古事記」や「日本書紀」に登場することからも推測できます。

今回は、ハクチョウが、昔の日本人にどのように扱われて来たのかをまとめてみました。

日本神話に登場するハクチョウ

日本神話に英雄として描かれている「ヤマトタケル」の魂としてハクチョウは登場します。

古事記では

「ヤマトタケル」は父である「景行天皇(けいこうてんのう)の命令で、熊襲(くまそ)や出雲の抵抗勢力を討って、関東まで東征した後の帰り道で、能煩野(のぼの)で倒れて死んでしまいます。

「ヤマトタケル」は、能煩野(現在の三重県亀山市)で埋葬されて御陵(ごりょう)が作られますが、妻や子が悲しみに暮れていると、御陵から一羽のハクチョウが西に向かって飛び立ちました。

それを見た妻たちは、ハクチョウの中に「ヤマトタケル」の魂が宿ったものと解釈して後を追いかけて、ハクチョウが降り立った「河内国(かわちのくに)の志紀(しき)」に、新しい御陵を築きましたが、ハクチョウは、遥かな上空に飛び去ってしまったという内容です。

妻たちが新しい御陵を築いた理由は、「ヤマトタケル」の魂に、もう遠くに行かないで欲しいと願ったためですが、渡り鳥のハクチョウは、飛び去ってしまったのでしょう。

日本書紀では

日本書紀では能煩野(のぼの)から飛び去った後で、2個所に降り立ったことから、総計3個の御陵を築いたと記載されています。

さらに、「ヤマトタケル」の第二皇子の「仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)」は、白鳥御陵の堀にハクチョウを放して、「ヤマトタケル」の魂が鎮(しず)まることを祈願したということです。

ハクチョウと天皇家のエピソード

「垂仁天皇(すいにんてんのう)」の子息の「ホムチワケ」は、30歳になっても言葉を話せませんでしたが、ハクチョウと接するうちに言葉を話せるようになったという逸話が残されています。

まとめ

白くて大きなハクチョウには、古代の時から人々の心を揺さぶるものがあったのでしょう。古事記・日本書紀の記録や、天皇家とのエピソードなどは、そのことを端的に表しています。

毎年、飛来してくれるハクチョウの存在は、この世とあの世の使者のように感じたのかもしれません。池のほとりを優雅に泳ぐ姿や、大空を雄大に滑空するハクチョウの姿に、ある種の憧れを抱いたのでしょう。

古事記や日本書紀の記録からも、昔の人が、白くて大きなハクチョウに畏怖(いふ)の念で接していたことが伺えました。何となく嬉しくなりました。